くろネコとしろネコの旅ブログ

飛行機と旅行好きな夫(くろネコ)と妻(しろネコ)の旅のつぶやきです。時々、飛行機やお得情報など。

ロンドンプレミアリーグのチケット取得に至るまで奮闘記2 アーセナル編

 

無事チェルシー戦のチケットが取れたのでアーセナル戦は取れたらいいなくらいの気持ちで頑張ってみたいと思います。アーセナル戦もチェルシーと同様に公式ルートでの購入だけにしぼって頑張ってみます。前回の内容と一部重複するところもありますがよろしければお付き合いください。
 

公式ルートでの購入方法

チェルシーと同様に日本国内において公式ルートで購入する場合は主に以下の3つの方法があります。
 
 ・公式代理店(H.I.S. 等)
 ・公式HP(Standard ticket, Matchday Hospitality)
 ・公式電話予約
 

購入方法を検討

まず公式代理店での購入については、前回のブログでも書きましたがお値段が高すぎて手が出ませんでした。。次に検討したのが公式HPで通常チケットよりも先行で販売されているパッケージプラン。しかしこれも既にSOLD OUTということで購入できず。。。最後の望みの綱である会員への先行販売にかけてみたいと思います。
公式代理店と公式HPでのパッケージプランの情報については前回のブログで書いていますのでよろしければご覧ください。
 
 

公式HPから通常チケットの購入方法 

公式代理店もパッケージプランの購入も難しそうだったので、残る手段は公式HPから通常チケットを買うしかありません。調べてみたところ、なんと今回のマンチェスターユナイテッド戦なら定価で£64~£95.5で買うことができそうです!安い!!この価格なら手が出せます。
 

f:id:world-trip-lovers:20170703141348j:plain


しかしこのチケットを買うのも一筋縄ではいきません。前回も書きましたがまず前提条件として、プレミアリーグのチケットは以下の順で販売されます。

 1.シーズンチケット販売
  →2.メンバー優先販売
   →3.一般販売
 
プレミアリーグはチケットの需要がとても高く、メンバー先行販売の段階で売り切れてしまうことがほとんどです。運が良ければシーズン終盤での順位、相手チーム、平日の試合などによって人気のない試合の場合はGS(=General Sales※一般販売)にまわる可能性もあります。しかし、今回のように超人気対戦カードとなれば事実上メンバーにならなければチケットを購入することができません。しかも空席があったとしても二人連番でチケットを買うとならばさらにハードルが上がります。でもわずかな可能性にかけてアーセナルのレッドメンバーになってみる決意をしました。
 

アーセナルのメンバーシップへの入会方法

まずはチケットを購入するためにアーセナルのRED MEMBERSHIPへ入会します。参考までに私が購入した手順を残しておこうと思います。
 
★STEP1 登録フォーム入力
メンバーになるには、まずはアーセナルの公式サイトで無料アカウントの登録が必要となります。申し込みは下記のメンバーページから登録を行えます。
 
まずはメンバーページを開き右下の「CREATE ACCOUNT」のボタンをクリック。
 

f:id:world-trip-lovers:20170702202641p:plain

 
出てきた登録フォームに必要事項を入力し、最後に「Complete registration」をクリック。「*」は必須項目。
 

f:id:world-trip-lovers:20170702203326p:plain

■Registration Information
 E-Mail Address *:メールアドレス
 Password *:自分で登録するパスワード
 Confirm Password *:上記登録したパスワードを再入力
■Personal Information
 Title *:肩書きを選択
 First & middle initial:ミドルネームやそのイニシャル(省略可)
 Forename *:名前
 Surname *:名字
 Date of Birth *:誕生日
 Occupation : 職業
 Gender *:性別(Male:男性、Female:女性)
■Delivery Information
 Country *:居住国
 Address Line 1 *:住所(住所が長ければAddress Line 2、3に追加)
 Address Line 2:
 Address Line 3:
 Town *:市町村
 County *:都道府県
 Postcode *:郵便番号
■Contact Information(省略可)※電話番号は国際番号+81を追加して、市外局番のゼロとる。
 Home Telephone:家の電話番号
 Mobile Telephone:携帯番号
■Other Information(省略可)
 一番上の□:アーセナル公式情報のメルマガが必要な場合チェック
 二番上の□:アーセナルのスポンサーなどのメルマガが必要な場合チェック
 
これでクラブへの登録が完了します。その後、自分のメールアドレスにクラブからRegistration Confirmationのメールが届きます。
 
★STEP2 メンバーシップ申込み

アカウントの登録ができたのでこれでやっとメンバーシップであるRED memberに申し込みができます。申し込みは下記のページより行えます。
メンバーシップ申し込みページ

 
申し込みページでメンバーシップの種類を選択します。支払方法などの違いでいくつか項目がありますが基本的にmembershipに入会する成人の方はRED memberの中から、
 
 FULL £39.00(記念品あり)
 LITE £34.00(記念品なし)
 
のどちらかを選択します。するとシーズンチケットへのウェイティングをするかのチェックボックスが出てきますが、自分達には必要がないのでここのチェックを外し、「ADD TO BASKET」ボタンをクリック。今回は妻と2人分のチケットを取りたいのでそれぞれがメンバーになることを決め、FULLとLITEを1つずつ申し込んでみました。私が2つ購入して後に会員権を妻に設定できるようなのでまとめ2つ購入しました。
次はお支払いになります。画面上部にある「BASKET」をクリックすると、バスケット内には先程カートに入れたレッドメンバーシップがあるので、内容を確認して「PROCEED TO CHECKOUT」ボタンをクリック。カード情報を入力し、Membership Postageの項目は日本(=海外)の場合は「Overseas Postage」を選択します。その際記念品の送料分としてだと思いますが、FULLの場合は£4が追加されました。(LITEだと追加なし)「REVIEW ORDER」をクリック後、カードの暗証番号を入力して完了です。クラブからConfirmationのメールが届きます。
 
ちなみに後日届いた記念品がこちらです。アーセナルのハンドブック、ポストカード、ネックウォーマーなどが入っていました。プラス£5でこれらの記念品が付いてくるなら、いい思い出にもなるし個人的には記念品付きのメンバーシップの方がいいと思いました。(※会員証は記念品とは別に封筒で届きました。)
 

f:id:world-trip-lovers:20170702220148j:plain

 
★STEP3 マイアカウントの編集

2人連番でチケットを取るには、一緒に行きたい人のアカウントを紐づけないといけません。この紐づけ作業はチケットを購入する人だけが行えば大丈夫です。

設定方法はログインした状態で、ページ右上に表示される自分の名前をクリックします。「MY ACCOUNT」ページが出てきますので、「Manage your Membership」ボタンをクリック。
 

f:id:world-trip-lovers:20170702172424j:plain


もう一度ログイン情報をきかれて入力するとページが切り替わるので、「My Arsenal Network」ボタンをクリック。
 
f:id:world-trip-lovers:20170702172448j:plain
 
するとこんなページへ。
 

f:id:world-trip-lovers:20170702172554j:plain


ページの下に進むと「Search for existing Users」という項目をクリックし紐づけたい方のアカウント情報を入力し検索します。Membership *(メンバーシップNo)とSurname *(名字)を入力して、「SEARCH」ボタンをクリック。
 

f:id:world-trip-lovers:20170702172638j:plain

 
登録したい人の情報がでてきたら、それを選択し登録します。
 
すると以下のような状態になったと表示されます。
Level 1 - Assignment level. This level will enable you to assign a member of your Network to any item in your basket when purchasing tickets and manage season tickets/memberships for members of your Network. These members can be upgraded to Level 2.
簡単に言うと今回登録した人が自分と紐づきLevel1の状態になったので、今後自分が購入したチケットやメンバーシップを紐づけた方に割り当ててあげることができるようになります。そしてもう少し権限のついたLevel2へのアップグレードもできるということなので一応それも設定しておきました。
 
画面下にある「View your current network」の項目を開くと先ほど紐づけた人が表示されるので、I can assign tickets toの下にある「Upgrade」を選択して「Send request e-mail」ボタンをクリックします。併せてwho can manage tickets for me の下の項目を「Upgrade」に設定すればLevel2へのupgrade完了です。
 

チケットの買い方

これでチケット購入する準備が整いました。チケットの販売日になったら下記のページでチケットを購入したいと思います。この時点ではまだログインはしなくて大丈夫でした。

 
Ticket availabilityの中からお目当ての試合の「Buy Now」をクリックします。
 

f:id:world-trip-lovers:20170702172725j:plain

 
購入ボタンを押すとチケット販売の列に並んでいます、という画像がでてきますのでそのまま列に並んで自分の順番が来るまでじっと待ちます。このチケット購入の順番待ちですが、販売開始の30分前からクリックできるとどこかのサイトに書いてあったので、試してみたところ無事販売開始前から列に並ぶことができました。知らずに販売開始時間に購入ボタンを押していたらさらに列の後ろになってしまうので、チケットが買えなかったかもしれないと思うと事前に調べておいて本当に良かったです。(もしかしたら30分以上前からクリックできるかもしれませんがセッションアウトになる可能性もあるので怖くて試せませんでした。)
こちらは発売日の英国時間9:31頃の画像です。あとはこのまま販売開始の英国時間10時まで大人しく待ちます。このページから動いてしまうと再度列に並びなおすことになってしまいますので注意してください。
 

f:id:world-trip-lovers:20170702221020j:plain

 
販売開始の英国時間10時になっても中々画面が切り替わらないので、かなりやきもきしましたが我慢してじっと待ちます。ようやく10:23頃に画面が切り替わりました!(ほっ笑)
 

f:id:world-trip-lovers:20170702221036j:plain

 
ここでレッドメンバーの番号とパスワードをいれてログインします。すると対戦表が出てくるので観戦したい試合の「View availability」をクリックして、「Find tickets」をクリックします。
 

f:id:world-trip-lovers:20170702172921j:plain

 
こんなシートマップが出てきます。黄色いエリアが空席のあるシートになります。あまり空きはありません。(※こちらは購入後に撮った画なのでさらに空きが減ってしまっています。)
 

f:id:world-trip-lovers:20170702172940j:plain

 
黄色のエリアをクリックすると、シートの拡大図が出てきます。当日画像をとり忘れていたので別の試合のシートマップですがこのように空席が緑の丸で表示されるので欲しい席を探します。2席連続で空いている場所を何とか見つけたのでその席をクリックすると丸がオレンジになって、下にシートNo.が現れます。続いて右下に表示される「ADD TO BASKET」をクリック!
 

f:id:world-trip-lovers:20170710144714p:plain

  
連番で買う方法は、座席を二人分選択した上でもう1人の人の分はReassignをクリックしてあらかじめ紐づけておいた人を選択。すると名前が変わるので、同行したい人の名前にかわっているか確認します。
確認画面に進むので問題なければ「PROCEED TO CHECKOUT」に進み、最後にカード番号などを入力して「REVIEW ORDER」をクリック!
 f:id:world-trip-lovers:20170702173010j:plain
 
これで購入完了です!
RED MEMBERになりたての素人だってアーセナル vs マンチェスターユナイテッドのチケットが買えました!!ちなみにこの後すぐにチケットが完売しました。。やはり人気のチケットですね。ギリギリで買えて本当によかった。やはり会員になっても確実に買えるわけではなさそうですね。今回は本当に運が良かったです。
 

f:id:world-trip-lovers:20170702173125j:plain


座席は残席からしか選べないのでピッチからは遠い席にはなってしまいましたが、それでもプレミアリーグ屈指の好カードを自力で定価で買えました!ここまででかかった経費はMember ship代(Fullなら£39、Liteなら£34)+正規のTicket代(£90)+Fee(£3.3)のみです。日本円にして1人約2万円。公式代理店だと特典が付いているとはいえ1人5万ですからね。かなりお得にチケットが手に入ったことになります。頑張った甲斐がありました。
最後にチケットページを再度確認するとMY TICKETSの覧ができていました。
 

f:id:world-trip-lovers:20170706235903j:plain

 
チケットを購入するとアーセナルから入場ゲートや座席位置が記されているメールが届きます。あとは入場券となるメンバーシップカードを持ってエミレーツスタジアムへ行くだけです。当日はそのメールをプリントアウトして持っていくと、スタジアムで何かあった時に問い合わせするのに便利です。
ちなみに試合の観戦内容はこちらでレポートしているのでよろしければご覧ください。
 

公式電話予約

補足ですがレッドメンバーになっていれば、公式HPでのメンバーの優先販売と同じタイミングでチケットが電話でも売りに出されるようです。ただ我々には英語でしかも電話でチケットを購入できる自信はないのでこちらの選択肢は始めから省かれました(笑)
 
今回の記事は以上になります。
ここまでお付き合いいただきありがとうございました。  

ロンドンプレミアリーグのチケット取得に至るまで奮闘記1 チェルシー編

 

せっかくのロンドン旅行だからと思い立ったプレミアリーグ観戦。ヨーロッパ屈指の強豪クラブの試合を観戦できるチャンスなのでなんとしても行きたい!しかし一つ大きな問題が、、それはチケット。。。これをゲットするまでが大変な道のりでした。

 
まず滞在中に試合があるかどうかが一番の問題となります。これがなければどんなに頑張っても試合は見れませんからね。プレミアリーグの観戦を思い立ったのが3月。そして旅行の日程が5月の1週目。その時期の試合日程を確認すると、なんと今回の旅行日程と同じ時期にロンドンで開催される"予定の"試合は3試合もあることがわかりました!すばらしい!!この3試合ならできればことならアーセナル戦を見たいですけどねー。人気チーム同士のカードだしここの試合は厳しいかな、、、
  
  ●チェルシー   vs  ミドルズブラ

 

しかしまだこの時点では試合があるか安心できません。それというのもプレミアリーグの日程は一旦年度の初めに暫定の全日程(土曜15:00開催)が発表されますが、その後TV中継の関係で各節の中から3~4試合の日程を動かして試合のおおよそ4~6週間前くらいに確定日程が発表されるからなんです。つまりチケットを探し始めた3月の時点ではこの日程はまだ確定ではないということです。。

試合の開催は基本的に土曜日ですが上記のような理由で金、日、月にも試合開催されることがあります。プレミアリーグのチームは国内のカップ戦を2つ(FAカップリーグカップ)と前年のリーグ上位チームはヨーロッパのカップ戦を戦います。その為カップ戦の試合日程に追加や変更がでてくる場合があります。その試合日程は下記の優先順位で日程を組む傾向があるので日程が直前になるまで確定しません。
  
 
★例えばFAカップでは引き分けの試合があった場合、、、
  リーグ戦を延期して再試合を実施する場合があるんです。
  ※優先順位  欧州のカップ戦 > 国内のカップ戦 > リーグ戦
 
 
このシステムが曲者で他の方のブログでもせっかくチケットを取ったのに直前に日程が変更になり観戦できなかったという話もちょこちょこ見かけます。旅行者にとっては日程が変わってしまうと行けなくなってしまうのでこのシステムは恐ろしいですね。
 
そしてもう一つの問題としてチケットの入手難度が高い!!
アーセナルチェルシーのような強豪チームだけではなく、中堅チームであるウェストハムもホームスタジアムをアップトンパークからロンドンスタジアムに移転後の初年度ということで人気が上がっていました。つまりどの試合も簡単にはチケットが取れないということです。今回は試合を観戦するためにこのチケットをどうやって手に入れるかが重要となってきます。
 
まずはどのチケットをどこで購入したらいいか決めないと。。
 

公式ルートでの購入方法

チケットの入手方法として今回は公式ルートだけに絞って探してみたいと思います。日本国内において公式ルートで購入する場合は主に以下の3つの方法がありました。自分の確認した順に記載していきます。
 
 ・公式代理店(H.I.S. 等)
 ・公式HP(Standard ticket, Matchday Hospitality)
 ・公式電話予約
 

公式代理店でのチケット購入を検討

まず最初に考えたのは一番簡単な公式代理店での購入について。公式代理店の情報は各チームのHPで確認ができます。
アーセナルは年度によってページが異なるので アーセナルの公式HPよりご確認ください
 
例えば2016/17シーズンですと日本でも馴染みがあるところでは、アーセナルチェルシーともにHIS Europe がありました。
 
公式代理店で購入する場合、日本語が使える代理店があったりチームの会員でなくても買えるというメリットがありますが、ただその分手数料などが乗ってかなり割高にはなってしまいます。まぁ、これで業者が儲けるわけですからね(笑)割高なのは覚悟しまずはHIS Europeでチケットを探してみました。こちらの代理店は、単体のサッカーチケットは販売されていなくパッケージという形で販売されていました。その為、購入できるチケットには以下の特典が付いてきます。(2017年3月当時)
 
 アーセナル ミュージアムパッケージの場合
 
   特典内容
・クラブレベル専用入り口&クラブレベル確約チケット
・マッチプログラム
・オフィシャルショップでグッズの購入などに使用可能な£5バウチャー(1年間有効)
・ハーフタイム中にドリンク無料(ワイン、ビール、ソフトドリンクなど/お一人様1杯)
・スタジアムツアーバウチャー(試合日前後7日間有効)
 
 
気になるお値段はというと、、各試合の人気度合いなどによってかなりバラつきがあるようで、2016.3~5の試合ですと試合によって£160~£320まで開きがありました。(※ちなみに日本からのお問い合わせは日本の支店へとの表記があり、【日本の窓口での販売価格は、掲載料金と異なる場合がございます。】とのことなので、日本の窓口だとさらに高くなるのかもしれません、、、)
 

f:id:world-trip-lovers:20170702172038j:plain 

ゲームによって価格の幅が大きいですね。料金明示していない試合は明示してある試合よりは高いと思うので、£400前後でしょうか。。恐ろしい。マンチェスターユナイテッド戦の価格が表示されていないので他の試合を2017年3月当時のレートで考えてみると、、
  
★例えばレスター戦の場合、、、
  一枚£320*2名*為替¥150 = ¥96000
  2人で約10万円・・・Σ (゚д゚)!(´・ω・`).
 
 マンチェスターユナイテッド戦はこれより価格が高くなると考えると、これはちょっと厳しいかな。。。
 
チェルシー ダイニングパッケージの場合
 
   特典内容
・観戦チケット (ロングサイド席)
・これは嬉しいマッチプログラム付
・3コースのビュッフェ式のお食事 (Copthorne Hotel 内の Centenary Hall レストラン)
※お食事中のお飲み物は有料となります。

・紅茶・コーヒーが試合の前&後に無料でお飲みいただけます!
 
 この内容でミドルズブラ戦が£295(約44,250円)でした。アーセナルより安くなってるとは言えそれでもやはり高いですね。
 
 

直接クラブから購入してみる

公式代理店での購入はかなり高いのでやはり直接クラブから購入するしかない!ということで、まず公式サイトで販売開始の早い下記のMatchday Hospitalityの販売状況をチェックしてみることに。Matchday HospitalityとはいわゆるVIP観戦にあたり、内容はチームによって異なりますが、試合のチケット・食事・ドリンクなどの特典が付いてきて、パッケージによってはさらにお土産やクラブのレジェンドOBに会えたりもします。特典が付くという点ではHIS Europeと似ていますが、クラブが直接販売しているので少しは安くなっていると期待し確認してみました。

 

まずはアーセナルから調べます。

ARSENALの公式サイトはこちら

 
しかし、サイトを見てみると今回我々が行きたかったマンチェスターユナイテッド戦はCategory: Aと最も高い価格帯に、、ドキドキしながら「Browse Hospitality」をクリック。
 

f:id:world-trip-lovers:20170702172138j:plain

 
・・
・・・
 

f:id:world-trip-lovers:20170702172215j:plain


全席完売でした。。しかも価格をみて二度ビックリ!
  
SuperBox Experience From £28,800.00 | 24 guests
Executive Box From £12,000.00 | 10, 12 or 15 guests
Matchball From £7,200.00 | 4 guests
Club Level VIP From £4,080.00 | 4 or 8 guests
The Heritage From £3,600.00 | Per Pair (can only be booked in pairs)
Club Arsenal From £960.00 | Per person
Royal Arsenal From £960.00 | Per Person
 
一番安いパッケージで£960!?これにVAT(付加価値税)で+20%取られると、、た、高い!!!代理店での購入より高いじゃないですか。VIP席すごいですね。。。一試合のために1人15万円以上。しかも全席完売とは!!サッカー人気恐るべし。さすがサッカーの母国イングランドです。
試合日程が確定したタイミングで再度サイトを確認したところ、一部のHospitality ticketは購入可能になっていたので、代理店からの返却などで状況によっては再販しているのかもしれません。この高いパッケージでもいいからどうしても欲しいという場合は定期的に公式サイトをチェックしていれば購入できる可能性はありそうです。しかし我々にはこちらもとてもではありませんが手が出ません。
 
続いてチェルシーを調べます。
 
 
Executive Suite Packages From £695
Platinum From £495
GOLD From £396
SILVER From £295
BRONZE From £250
UTB Sports Lounge From £195
Matchdays @ The Museum From £150
Marco Grill From £295
Chelsea Health Club From £195
Blues Dining From £395
 
こちらも全席完売していました。
  

公式HPから通常チケットの購入方法 

残る手段は、公式HPから通常チケットを買うしかありません。
まず前提条件として、プレミアリーグのチケットは以下の順で販売されます。

 1.シーズンチケット販売
  →2.メンバー優先販売
   →3.一般販売
 
プレミアリーグはチケットの需要がとても高く、メンバー先行販売の段階で売り切れてしまうことがほとんどです。ただしシーズン終盤での順位、相手チーム、平日の試合などによって人気のない試合の場合はGS(=General Sales※一般販売)にまわる可能性もあります。まずはあきらめずに販売状況を確認してみましょう。しかし、今回のように人気クラブの試合ともなれば事実上メンバーにならなければチケットを購入できる可能性が低いです。しかも空席があったとしても二人連番でチケットを買うとならばさらにハードルが上がります。それでも僅かな可能性にかけてメンバーになってみることにしました。
ちなみにアーセナルの会員組織であるRed Membershipとウェストハムの会員組織であるClaret Membershipは3月時点でまだ今シーズンの申し込みができました。しかもClaret Membershipは3月末に購入を検討した際に、シーズン終盤だからか年会費が下がっていました!ただ、チェルシーの会員組織であるTrue Blue Membershipは既にそのシーズンの申し込みを終了していました。なのでシーズン終盤に旅行を計画されていて会員組織に入会を考えている方は、時期によっては会員になれない場合があるのでその点ご注意ください。
 
 
その後しばらくして、4月ごろ、アーセナルチェルシーともにメンバーへのチケット発売日までもう少し時間がありましたがふとチェルシーの公式サイトにいくと、MATCHDAY HOSPITALITYが"BUY NOW"に変わっているじゃないですか!
 

f:id:world-trip-lovers:20170707010846j:plain

 
急いで確認するとMATCHDAYS@THE MUSEUMが購入可能な状態になっています!!
 

f:id:world-trip-lovers:20170707011556j:plain

 
しかしこのパッケージは大人と子供の値段が異なっており、£150というのは子供の価格で大人は£195でした。ダマされそうになりました(笑)しかもVAT(税)は別。ちなみに座席はWest Stand のUpperで通常チケットであれば一般販売で£70のところです。
 

f:id:world-trip-lovers:20170707012151j:plain

 
つまり、食事や博物館、ミニツアー、土産、レジェンドの価値がその差額分ということになります。そもそもの価格が高いだけにそれだけの価値があるか悩みましたが、チェルシーのメンバーにはなれずチケットが一般販売までまわる可能性が低いことと、アーセナルはメンバーになっても通常チケットが買えるかわかりません。そうこう迷っている間にまたホスピタリティのチケットが売り切れてしまうかもしれません。結局清水の舞台から飛び降りる気持ちで保険としてこのパッケージを購入することにしました。
 
ちなみにチェルシーのメンバーへの発売日である4/10に通常チケットは完売して、一般販売に回ることはありませんでした。パッケージを買っておいてよかったです。
 
今回の記事は以上になります。
ここまでお付き合いいただきありがとうございました。
 

2017年5月・ロンドン旅行記13(6日目):いよいよ」旅も終盤。A330で成田空港へ

搭乗時間になったのでゲートへ移動します。今回の搭乗ゲートはC14。サテライト側はそんなに広くないので時間になってから移動してもすぐに着くのでギリギリまでラウンジでゆっくりできるのでいいですね。

 

f:id:world-trip-lovers:20170630155453j:plain

 

9:10 搭乗 MH0070 クアラルンプール→成田行き 

クアラルンプール空港は搭乗前にも保安検査があるので搭乗前の手荷物チェックを行います。心配していたヒースローで購入した液体物のお土産も無事に通過して一安心です。

 

f:id:world-trip-lovers:20170630155909j:plain

 

機体は行きと同様A330-300です。A380に乗った後だと余計に小さく見えますね。

 

f:id:world-trip-lovers:20170629155522j:plain

 

座席はやはり3点式のシートベルトでした。この肩からのシートベルトが窮屈で好きじゃないんですが離着陸時だけなので我慢します。機体の設備などは行きと同じなので細かい点は省きたいと思います。興味のある方は前回記事をご覧ください。

world-trip-lovers.hatenablog.com

 

f:id:world-trip-lovers:20170629155536j:plain

 

この機体は足元が深くてゆったり足を伸ばせるのはいいのですが、前方の座席との間隔が狭いので窓側の人は出る時の狭いがちょっと難点です。

 

f:id:world-trip-lovers:20170629155548j:plain

 

ウェルカムドリンクはグァバジュースを頂きました。

 

f:id:world-trip-lovers:20170629155601j:plain

 

今回は離陸前の早いタイミングでスリッパが配られました。早くくつろぎたかったので早めにスリッパをもらえるて助かります。スリッパは配られたり配られなかったりがありますが今回は配ってくれてよかったです。

 

f:id:world-trip-lovers:20170630153236j:plain

 

10:05 離陸

あまりに眠すぎて離陸前に寝てしまっていました。気づけばアメニティのポルシェのポーチと入国審査の紙が置かれています。ポーチはロンドン発便のみワインレッド色が配られましたが、それ以外は全部シルバー色なので今回の旅でこのシルバーのポーチが6個も溜まってしまいました。せめて色違いならよかったですが同じものが6個揃うとさすがにいくら飛行機グッズが好きとはいえもういいかな(笑)

 

f:id:world-trip-lovers:20170630153224j:plain

 

11:40 機内食サービス開始 

今回のメニューです。 

 

f:id:world-trip-lovers:20170629155620j:plain

 

ロンドン-クアラルンプール間で飲み過ぎたので、少しソフトドリンクでお休みします。

 

f:id:world-trip-lovers:20170630152658j:plain

 

前菜はもちろんサテー。この甘くて香辛料の効いた味噌だれがだんだん好きになってきたのに、この味がもう最後かと思うと寂しくなります。最後のサテーも牛と鶏のミックスで頂きました。あと今回はおしぼりも出してもらえてよかったです(笑)

 

f:id:world-trip-lovers:20170629155643j:plain

 

前菜は〈和前菜/ポーチドチキン/ベジタブルトムヤムスープ〉の3種類から、
○私・・・ベジタブルトムヤムスープ
○旦那・・・和前菜 

 

トムヤムスープはかなり辛かったですが、しっかりトムヤムクンの味が出ていたので美味しかったです。個人的にはパクチーが入っていなかったのもよかったですね。一度くらい和食っぽいものをと思って旦那に和前菜を頼んでもらいました。私的には悪くはなかったですが、シーフードがそんなに好きではない旦那には、このシーフードの前菜はあまり評判が良くなかったです。

 

f:id:world-trip-lovers:20170630152747j:plain

f:id:world-trip-lovers:20170630152754j:plain

 

メインはシェフオンコールのメニューから事前に予約しておいたものを。シェフオンコールの詳細についてはこちらをご覧ください。

world-trip-lovers.hatenablog.com

 

○私・・・牛フィレ肉
○旦那・・・牛ほほ肉

 

フィレ肉は肉々しくてがっつり肉を食べているようで美味しかったです。ほほ肉の方は柔らかく煮込まれてよかったのですが、ソースの味が薄くほほ肉の臭さがちょっと際立って残念でした。

 

f:id:world-trip-lovers:20170630152808j:plain

f:id:world-trip-lovers:20170630152814j:plain

 

眠すぎてデザートまではたどり着けませんでした。もうあとは着くまで寝てしまおうと思います。行きにフルフラットの状態の写真を撮り忘れていたので、ちょっと散らかっていますが1枚撮ってみました。A330の座席は足元に余裕があるのはいいですがシートピッチが狭いので寝返りを打ちづらくて個人的には寝心地はA380の方がよかったです。

 

f:id:world-trip-lovers:20170630153052j:plain

f:id:world-trip-lovers:20170630180736j:plain

 

食後にミネラルウォーターが配られます。機内は喉が渇くのでボトルでもらえるといちいちCAさんを呼ばなくていいのはありがたいです。

 

f:id:world-trip-lovers:20170630152827j:plain

 

------------------------------ ここから日本時間になります。 ------------------------------ 

17:10 東京上空

完全に眠りに落ちてしまい気づけばもう東京上空です。

 

f:id:world-trip-lovers:20170630154245j:plain

 

17:30 着陸

無地到着。長いフライトもこれで終わりかと思うとちょっと物足りないものです。想像より乗り心地はよかったので、また機会があればマレーシア航空のビジネスクラスに乗ってみたいですね。セールが始まったらまたどこか行こうかな(笑)

 

ロンドン旅行記は以上になります。 

ここまでお付き合いいただきありがとうございました。

2017年5月・ロンドン旅行記12(5日目):乗り継ぎの3時間はゴールデンラウンジでのんびり

クアラルンプール空港に到着しました。まだ早朝なので外は真っ暗です。

 

f:id:world-trip-lovers:20170629144146j:plain

 

今回もサテライト側に到着です。ここクアラルンプール空港でも変わらず搭乗ゲートが表示されていません。だんだん搭乗ゲートが表示されていなくても気にならなくなってきました(笑)

 

f:id:world-trip-lovers:20170629144158j:plain

 

 6:50 マレーシア航空 ゴールデンラウンジで休憩

急に眠気と疲れが出てきたので空港内は散策せずラウンジに直行することにします。行きにも入ったゴールデンラウンジ。でも今回は乗り継ぎ時間が3時間程度なので行きに比べればあっというまですね。もしご興味があれば行きのラウンジ体験記は下記よりご覧ください。

world-trip-lovers.hatenablog.com

 

f:id:world-trip-lovers:20170629135316j:plain

 

早朝だからか、ラウンジ内は人も少なくガラガラです。静かに休めそうでよかった。

 

f:id:world-trip-lovers:20170629135402j:plain

f:id:world-trip-lovers:20170629135500j:plain

 

フードコーナー

前回も紹介してますが一応フードエリアも。ここのラウンジはフードが何ヶ所かに分かれています。まずは軽食コーナーから。早朝なのでシリアルなどもありました。

 

f:id:world-trip-lovers:20170629135529j:plain

f:id:world-trip-lovers:20170629135538j:plain

 

それからドリンクコーナーにも少しパンが。自由に取れるドリンクはソフトドリンクのみでアルコールはバーカウンターでもらえるようになっています。

 

f:id:world-trip-lovers:20170629135604j:plain

 

バーカウンター。朝早いからかまだ閉まっています。

 

f:id:world-trip-lovers:20170629135340j:plain

 

早朝ですがホットミールも数種類ありました。チキンのカレー煮込み、ポテト、マッシュルームなど。

 

f:id:world-trip-lovers:20170629135630j:plain

f:id:world-trip-lovers:20170629135637j:plain

f:id:world-trip-lovers:20170629135647j:plain

f:id:world-trip-lovers:20170629135658j:plain

 

前回ヌードルを食べられなかったのでキッチンカウンターからワンタンヌードルをもらってきました。

 

f:id:world-trip-lovers:20170629141841j:plain

 

麺はイマイチでしたが、スープはあっさりなもののかなり椎茸の出汁が出ててクセがなく食べやいです。でもワンタンはどこかな?

 

f:id:world-trip-lovers:20170629135721j:plain

 

食べ進めていたら丼の底の方からついに出てきました。黄色いワンタン。でもこのワンタン、私たちが普段イメージするようなワンタンではなく魚のすり身団子のようなものでした。まずくはないけどワンタンっぽくはなかったですね。

 

f:id:world-trip-lovers:20170629142431j:plain

 

まだまだ時間があるので他のフードもちょっとだけ。お腹は空いていないのに食い意地に負けて持ってきてしまいました。食べ過ぎかな。。(笑)赤いペーストは辛いかと思って少し盛ったらただオニオンをトマトで煮込んだもののようでした。あとカレーはやはり辛さがほとんどなくで物足りなかったです。でも、マレーシア航空の食事は全体的に香辛料などの癖がないのでアジア料理が苦手な人には食べやすくていいのかもしれないですね。

 

f:id:world-trip-lovers:20170629135741j:plain

 

結局スパや図書室などは見ないで終わってしまいそうですが、眠いので大人しく休もうと思います。とりあえず次のフライトの搭乗開始が8:50 とまだもう少し時間があるので寝過ごさない程度にくつろぎたいと思います。

 

続きは次回にしたいと思います。
ここまでお付き合いいただきありがとうございました。

2017年5月・ロンドン旅行記11(5日目):帰りもA380のビジネスクラスを満喫

 

6:50 ホテルチェックアウト

帰りのフライトは10:25発なので今日は早起きです。まだ朝食会場も開いていないので、朝食はあきらめチェックアウトして空港へ向かうことにします。

 

7:50 ヒースロー空港到着 

ヒースロー空港、ターミナル4到着。3日前に来た場所に戻ってきました。帰りも地下鉄で1本なので移動は楽でよかったです。

 

f:id:world-trip-lovers:20170623134040j:plain

 

オイスターカードの返金方法

まずは発券機でオイスターカードの残金を払い戻しをしたいと思います。払い戻しの流れはこんな感じでした。

まず機械にオイスターカードを当てると払い戻し画面が出てきます。

 

f:id:world-trip-lovers:20170623134054j:plain

 

画面右下の「pay as you go refund」をクリックします。

 

f:id:world-trip-lovers:20170623134104j:plain

 

すると購入時に支払ったデポジット£5と残額が表示されますので、右の「Confirm」押します。私はレシートが欲しかったので「Print recipt」をクリック。残額が£10以上だと返金手続きが発券機でできず面倒になるようだったので£10以下でよかったです。

 

f:id:world-trip-lovers:20170623134119j:plain

 

あとは再度オイスターカードを機械に当てれば手続きは完了です。簡単でよかったです。ちなみに返金手続きをするとカードは使えなくなりますが、とくに回収されるわけではないので記念に欲しければそのまま持って帰れます。

 

f:id:world-trip-lovers:20170623134129j:plain

 

8:00 免税手続き

チェックイン前にまずはVAT refund(免税手続き)に行こうと思います。払い戻しカウンターはZone G側のエレベーターで1階に降りるとあるそうです。

 

f:id:world-trip-lovers:20170623134237p:plain

 

案内看板が小さくて中々場所が見つからず苦労しました(笑)

 

f:id:world-trip-lovers:20170623134144j:plain

 

ここのエレベーターからでないと払い戻しカウンターに行けないようです。

 

f:id:world-trip-lovers:20170623134156j:plain

 

エレベーターを降りるとすぐ目の前にカウンターがあるので、各店舗で作ってもらった免税書類を提出し返金方法を現金かクレジットのどちらかを選んだら手続き完了です。今回は現金がいっぱい残っていて増やしたくなかったのでクレジットに返金してもらうことにしました。幸い手続きをする人が少なかったのもあって手続きはあっという間に終了しました。

 

f:id:world-trip-lovers:20170623134217j:plain

 

8:30 チェックイン

これで空港でやらなくてはいけないことが全部済んだのであとはチェックインだけです。とその前に今回も荷物のパッキングをしなきゃ。

 

f:id:world-trip-lovers:20170623134304j:plain

 

ピッチリカッチリ巻いてくれました。これがあるだけでスーツケースの傷つきがだいぶ違うのでありがたいです。

 

f:id:world-trip-lovers:20170623134316j:plain

 

窓口はそんなに混んでいませんでしたが、ビジネスクラス用のチェックインカウンターを利用できたのでここの手続きもあっという間に完了です。

 

f:id:world-trip-lovers:20170623134444j:plain

 

ヒースロー空港は保安検査場も優先レーンがありました。今回はどこもスムーズに進めてノンストレスです本当に楽です。

 

f:id:world-trip-lovers:20170627124255j:plain

 

やはり今回もまだゲートは表示されていません。セキュリティの問題で出発の1時間くらい前にならないと表示されないようですが、ちょっと不便ですね。

 

f:id:world-trip-lovers:20170629133726j:plain

 

ラウンジに行く前に最後のお買い物。ターミナル4は小さいですがそれでもグッチ、ブルガリ、カルティエなどのハイブランドハロッズなども入っているのでそれなりにある程度の買い物はできそうです。そして事前チェック済みですが、今回の旅行でどーしても買いに寄りたかったJo Malone!現地なのでただでさえ日本より安い上に、空港内にあるので免税価格でかなり安く買えました!!なんと日本だと13,000円くらいするディフーザーが£49(約7500円)、8000円くらいのボディーローションは£30(約4500円)で買えちゃいました。これはかなりテンションアップですよ。ついつい買い過ぎてしまいました。でも今回の旅行でこの買い物が一番楽しかったかも(笑)もう大満足です。

 

f:id:world-trip-lovers:20170627152021j:plain

 

 ちなみに今回ヒースロー空港でこのJo Maloneを買おうと決めたものの、クアラルンプールでの乗り継ぎで液体物が没収されるという話もありかなり心配で色々調べてみました。が、ネットでも没収されると書いてあるところもあったりしてはっきりしなかったので、行きにクアラルンプール空港で職員の人に確認してみました。そうしたらシールされていれば大丈夫と言ってくれたので遠慮なく買うことができました。クアラルンプール空港を出発するまでまだ少し没収されないか不安は残っていましたが無事持って帰ることができ本当に良かったです。乗り継ぎがあっても購入時に乗り継ぎがあることを伝えこのようにSTEBs(Security Tamper Evident Bags=不正開封防止袋)という袋に商品とレシートを一緒に入れてシールで封をしてもらえば乗り継ぎがあっても液体物の持ち込みが大丈夫なようなので今後の参考になりました。

 

f:id:world-trip-lovers:20170629120153j:plain

 

9:15 マレーシア航空ゴールデンラウンジ入室

時間はあまりありませんが、ラウンジの雰囲気も見たいので急ぎ足で行ってみることにします。ターミナル4にはマレーシア航空のゴールデンラウンジがあるのでそちらに向かいます。うっかり正面の入口に入りそうになりましたが、ゴールデンラウンジは上階にあるようでした。間違えて入らないで本当によかった(笑)エレベーターで上の階に向かいます。

 

f:id:world-trip-lovers:20170623134504j:plain

f:id:world-trip-lovers:20170623134529j:plain

 

ラウンジは決して広いとは言えませんが、静かで落ち着きのある雰囲気です。大きな窓からは外の景色も見え開放感がありますし無料WI-FIもあるのでのんじりくつろげそうです。

 

f:id:world-trip-lovers:20170623134551j:plain

 

食事メニューも多くはないですがある程度揃っています。

 

f:id:world-trip-lovers:20170623134617j:plain

 

ホットミールは炒飯やチキン、ソーセージにポテトなど。

 

f:id:world-trip-lovers:20170623134630j:plain

f:id:world-trip-lovers:20170623134639j:plain

f:id:world-trip-lovers:20170623134649j:plain

 

その他にパンやチーズ、フルーツなどもあり軽くつまむには十分です。

 

f:id:world-trip-lovers:20170623134705j:plain

f:id:world-trip-lovers:20170623134725j:plain

 

ドリンクはカウンターに貰いに行きます。

 

f:id:world-trip-lovers:20170623134755j:plain

f:id:world-trip-lovers:20170627150455j:plain f:id:world-trip-lovers:20170627150511j:plain

 

シャンパンがあったので軽くつまみながらシャンパンをいただきます。

 

f:id:world-trip-lovers:20170623134815j:plain

 

窓の外には今回の機体でしょうか。やっと全体像が撮れました。

 

f:id:world-trip-lovers:20170623134008j:plain

 

9:50 MH0003 ロンドン→クアラルンプール行き

ゲートオープン時間がだいぶ過ぎたので急いで搭乗口に向かいます。帰りの機体もA380なのでウキウキします。今回の搭乗口は6ということでしたが、1階席は6aから2階席は6bからの搭乗と分かれているようです。 

 

f:id:world-trip-lovers:20170623163055j:plain

 

ビジネスクラスは2階なので6bから搭乗します。6aの混雑に対して2階席は乗客が少ないので6bの搭乗口は人がほとんどいません。ちょっとだけ優越感感じちゃいました。(ごめんなさい笑)

 

f:id:world-trip-lovers:20170623163117j:plain

 

ロンドンを離れるのは名残惜しいですがまたビジネスクラスのサービスを味わえると思うと楽しみです。機体の雰囲気については行きで詳しく書いたので省きたいと思います。

 

world-trip-lovers.hatenablog.com

  

f:id:world-trip-lovers:20170623163231j:plain

 

上着を預けて席で一息つくとすぐにウエルカムドリンクのサービスがありました。

 

f:id:world-trip-lovers:20170623163205j:plain

 

11:00 離陸

離陸後30分程度でドリンクサービスが始まりました。せっかくビジネスクラスなのでやはり始めはシャンパンを。やはりシャンパンは美味しい。おつまみは行きと同じナッツでした。

 

f:id:world-trip-lovers:20170623163246j:plain

 

続いて食事のサービス開始です。今回の機内食のメニューです。

 

f:id:world-trip-lovers:20170628155613j:plain

 

スタートはやはりサテーから。3回目ともなるとだんだんこの味がクセになってきました。しかし今まではサテーと合わせておしぼりをくれたのですが今回はいくら待ってもおしぼりがこない。。手を汚さないように食べるのがちょっと面倒でした。やはりサービスにムラがあります。

 

f:id:world-trip-lovers:20170623163303j:plain

 

前菜は〈エビとサーモンのマリネ/スモーク鴨/スープ〉の3種類から選べたので、

○私・・・スモーク鴨
○旦那・・・エビとサーモンのマリネ

 

どちらも美味しかったす。今回はパンをカゴに入れてサービスしてくれました。4種類もあったので選ぶ楽しみもあってよかったです。

 

f:id:world-trip-lovers:20170623163322j:plain

f:id:world-trip-lovers:20170623163339j:plain

 

ロンドン-クアラルンプール間ではシェフオンコールが選べなかったので、機内食メニューより選びます。シェフオンコールについては以前のブログで紹介していますので興味のある方はご覧ください。

world-trip-lovers.hatenablog.com

 

メインは3種類(ナシダガン/ローストチキン/牛フィレ)から選べたので

○私・・・ナシダガン
○旦那・・・ローストチキン

 

ナシダガンというものを初めて食べましたがフィッシュカレーのようでした。今回のフライトで何度かこういう感じのカレーを食べましたが、マレーシア料理がそうなのかマレーシア航空がそうなのか分かりませんがここのカレーはマイルドでルーも少ないので私にはちょっと物足りないかな。ローストチキンの方も味がぼやけてイマイチでした。

 

f:id:world-trip-lovers:20170623163408j:plain

f:id:world-trip-lovers:20170623163356j:plain

 

デザートはハーゲンダッツアイスとストロベリーケーキをチョイス。

 

f:id:world-trip-lovers:20170623163423j:plain

f:id:world-trip-lovers:20170623163436j:plain

 

まだまだクアラルンプールまでは長いので食後は座席を倒してお休みタイム。フルフラットになりますが、やはり背の高い旦那にはちょっとだけ足元が狭そうです。横幅が広いので私にはかなり快適なんですが背が高いとこんな苦労もあるんですね。

 

f:id:world-trip-lovers:20170623163512j:plain

 

まだ明るいし全然眠くないので私はビールで時間つぶし。

 

f:id:world-trip-lovers:20170623163531j:plain

 

16:00 軽食

眠気もないし暇なので食べるか飲むくらいしかすることがありません。帰ったら体重計に乗るのが恐ろしいな(笑)でも、ビジネスクラスなんてめったに乗る機会ないし思いっきり楽しまないと。

ということで、ちょっと小腹も空いてきたしまだ一度も頼んでいなかった常時頼めるメニューを頼んでみることにします。エッグヌードルをお願いしてみたところ想像より具沢山でした。味はサッポロ一番の塩ラーメンに胡椒を大量に足したような味でかなり辛いです。しかも唐辛子もサイドに付いていて珍しく辛い料理が出てきました。でも個人的には辛いのが好きなので美味しかったです。

  f:id:world-trip-lovers:20170623163841j:plain

 

そろそろクアラルンプールに近付いてきたようです。

 

f:id:world-trip-lovers:20170623163903j:plain

 

--------------------ここからマレーシア時間になります。(日本時間-1時間)-------------------- 

 

5:30 2度目の機内食

着陸前の軽食タイムが始まりました。身体的には夜モードですが、マレーシアが早朝なので朝食メニューが用意されています。メニューはいくつか選べるようになっていましたが勝手にパンとフルーツの盛り合わせが運ばれてきました。でも私はお腹が空いていなかったのでそちらは断りフルーツスムージーだけ頂くことに。これがバナナシェークのような感じで意外に美味しくてアタリでした。それにしても今回の旅で何度かありましたが機内食は選べるようになっていても勝手にCAさんが決めて持ってくることがあります。しかし、別に食べたいものがある時はそれをはっきり伝えれば変えてくれるので遠慮せず言った方がよさそうです。こういう所が海外のエアラインっぽいですね。

 

f:id:world-trip-lovers:20170623163916j:plain

f:id:world-trip-lovers:20170623163931j:plain

 

6:30 クアラルンプール空港到着

今回は全然寝なかったのでたっぷり13時間超のフライト時間を飲んで食べて満喫できました。ビジネスクラスだとゆったり横になれるお陰で体も本当に楽ですね。ただ今頃になってちょっと眠気が出てきましたが、、行きもそうでしたがA380は離陸時に機体前方の画像が映し出されるのですが、この映像がかっこよくて好きです。

 

f:id:world-trip-lovers:20170628190023j:plain

 

続きは次回にしたいと思います。
ここまでお付き合いいただきありがとうございました。

2017年5月・ロンドン旅行記10(4日目):本日もプレミアリーグ観戦で大興奮

8:30 朝食

朝食のメニューは昨日とほとんど変わりありませんでした。でもシンプルですが美味しかったので満足です。本日はロンドン滞在3日目。明日は朝早くから空港へ行かないといけないので実質本日がロンドン滞在の最後になります。やり残しのないよう1日を過ごしたいと思います。
 

f:id:world-trip-lovers:20170620182820j:plain

 

9:30 Waitroseでお土産選び

午前中はお土産選びに時間をとりたいと思います。まずは近くのWaitroseでお買い物。SOUTH KENSNGTON駅の1駅先にあるGLOUCESTER ROAD駅前のこの店は食品から日用品まで品揃えが豊富な大型スーパーなので、ばらまき用のお菓子など購入するのに使い勝手がいいです。
 

f:id:world-trip-lovers:20170620183028j:plain

 

ビールコーコ-ナーには種類が豊富でワクワクします。ロンドンは缶より瓶の方が多いようですね。これだけ種類が豊富だと選ぶのが楽しくなってきます。多くは持ちきれないので数本だけお土産に購入します。

 

f:id:world-trip-lovers:20170620183055j:plain

 

日本でもよく見かけるTWININGの紅茶も、さすが本場なだけあって種類が豊富です。以前いただいて美味しかったレモン&ジンジャーフレーバーの紅茶を見つけたので購入しました。

 

f:id:world-trip-lovers:20170620183112j:plain


ちなみに人気のNEAL'S YARD(ニールズヤード)のスキンケア商品もある程度の品揃えで販売されているので、時間のない人はここで色々買えて便利だと思います。ちなみにこのお店、ニールズヤードの商品が時々セールになることがあるようで、タイミングが合えば安く買えるようです。ただ以前来た時はセールで安くなっていましたが今回は残念ながら特に安くはなっていないようで残念でした。
 

10:30 FORTUNUM&MASONで大ハシャギ 

フォートナムメイソンというと日本では紅茶のイメージが強いですが本来は百貨店のようで、ワイン、チョコレート、クッキーなどの食品から香水、食器、衣料品など本当に様々なものが取り揃えられています。

 f:id:world-trip-lovers:20170619121817j:plain

 

1フロアの面積は百貨店からイメージするほど広くはないですが、店内は豪華で目を引く商品が揃っていてます。1階は紅茶をメインに食品関係が豊富に揃っています。ショーケースのケーキは見た目も華やかで美味しそうでしたが持ち歩けないので我慢。

 

f:id:world-trip-lovers:20170619121832j:plain

 

お菓子以外にもオリーブやパテなどの総菜系もあって珍しいものがたくさん揃っています。日本では見かけないものも多いのでちょっとしたお土産によさそうです。

 

f:id:world-trip-lovers:20170619121842j:plain

 

チョコレートとシャンパンのギフトセットなんてのもありました。箱もかわいくてなんておしゃれなんでしょう。こんなプレゼントを貰ってみたいものです。

 

f:id:world-trip-lovers:20170619121900j:plain

 

ほかにもHamperという竹かごにはいったギフトセットもありました。これも目新しいものが多く1階だけで買い物欲がかなり刺激されます。

 

f:id:world-trip-lovers:20170619121932j:plain

 
2階には食器類がたくさん揃っていました。欲しいけど持って帰るのが大変そうだなと悩んでいると店員さんからどれだけ購入しても一律£40で発送できますよと提案が。しかも1週間程度で届くということでかなりありがたいです。できるならHamperのギフトセットも欲しいなと思っていたし送料が£40ならそこまで高くないので他のお土産もまとめて買ってしまえば帰りが楽になると思い、初の海外発送を利用してみることにしました。
ただこの海外発送後日談がありまして、、、今回知識不足で発送に失敗してしまい課税されてしまいました(悲)それについては後日書きたいと思います。
  

15:00 本日もサッカー観戦

さて午後は昨日に続きサッカー観戦を楽しみたいと思います。本日の試合はChelsea vs Middlesbrough。試合会場のSTAMFORD BRIDGEはFULLHAM BROADWAY駅の出口を出て、左に進めばすぐに入口のチェルシーの青いロゴマークが見えてきます。道なりに3分ほど歩くけばすぐに着きます。あまりに近すぎてビックリでした。
 

f:id:world-trip-lovers:20170615000436j:plain

 
今回はMatchdays @ The Museum というホスピタリティチケットを公式サイトから予約したので、本日は試合観戦以外にミュージアム見学やミニスタジアムツアーなどがセットになっています。まずはチケットの受取が必要になります。受取所は駅から最も遠いEast stand側にありました。ここでIDを提示して書類にサインして封筒に入ったチケット類を受け取ります。
 

f:id:world-trip-lovers:20170615000155j:plain

 

15:15  ミュージアム受付

案内には15時までに来てくれということでしたがフォートナムメイソンで買い物を楽しみ過ぎてだいぶ時間が過ぎてしまっていました。急いで受付で確認したところ15:30まで入館すれば大丈夫と言ってくれたのでホッとしました。
まずMUSEUM & STADIUM TOURSの入口にて受付をするとチェルシーオリジナルネックストラップがついたチケットをもらえます。これにはミニスタジアムツアーのグループが書かれています。我々は2番グループでした。
 

f:id:world-trip-lovers:20170615000528j:plain

 
入口を進んでいくと最初に、これまでチェルシーが獲得した優勝カップと一緒に記念写真を撮ってくれます。この写真は気に入れば後程購入するシステムで強制購入ではありませんので気軽に撮影してみるといいと思います。ちなみに個人のカメラでの撮影はできないので写真が欲しい場合は買うしかありません。よくできていますね(笑)
折角写真を撮るのでなにかアイテムと一緒に撮影したかったので入口で販売していたタオルマフラー(イギリスではスカーフというと通じます)を購入しました。目の前にチャンピオンズリーグユーロリーグプレミアリーグリーグカップの4つのトロフィーを並べて記念撮影しました。
 
次に2階にあがりウェルカムドリンクとフィンガーフードをいただきます。ホスピタリティパッケージにはドレスコードがありますが、このパッケージはスマートカジュアルでユニ着用もOKのものでした。詳細は公式サイトに記載がありますので事前に一読して申し込みをした方が良いと思います。
 

f:id:world-trip-lovers:20170615000709j:plain

 

カウンターでウエルカムドリンクをいただきます。

 

f:id:world-trip-lovers:20170615001003j:plain

 

折角なのでシンハービールを。喉が渇いていたのでスッキリしました。フィンガーフードはミートパイで美味しかったです。

 

f:id:world-trip-lovers:20170615001049j:plain

 
ミュージアムには往年の選手たちのユニフォームや各種大会で交換したペナントはもちろん優勝トロフィーなどチェルシーの歴史ががわかる展示がたくさんありました。ツアーが始まるまでそれらを見て回ります。
 

f:id:world-trip-lovers:20170621011547j:plain

 

15:45  スタジアムツアー開始

自分たちのグループのミニスタジアムツアーの順番がやってきたので、1Fの集合場所に戻ります。基本的にツアー中は写真・動画撮影は可能とのことだったので遠慮なく写真を撮ることにします。ガイドさんが先導してまずはEast stand内にある両チーム及び審判の控室の前に連れて行ってくれます。ただ残念ながら試合直前なので中を見ることはできませんでした。
 

f:id:world-trip-lovers:20170620193808j:plain

 
そこから選手用通路であるトンネルを通ってピッチサイドにでます。芝生はとてもきれいに管理されており水もまかれ選手たちの到着を待っています。
 

f:id:world-trip-lovers:20170620193841j:plain

 
選手や監督たちが座っているピッチサイドのシートには座ることができ、アントニオ・コンテ監督のシートはここだよとの説明があるとそのシートが人気撮影スポットに早変わりしました。
 

f:id:world-trip-lovers:20170620193944j:plain

 
続いてスタンドの最前列に移動してチェルシーやスタジアムの歴史などについて説明してくれます。説明は英語で対話形式で進むので英語が得意であればどんどん輪に入っていくとより楽しめます。この日は対戦相手のミドルズブラサポーターが一人いてすごくいじられていました(笑)また英語が苦手でもガイドさんはユーモラスで表情豊かに話をしてくれるので楽しい雰囲気を味わうことができると思います。
 

16:25 メガストアで自由行動

最後にガイドさんがメガストアに連れて行ってくれます。ここでトロフィーと一緒に撮った写真やユニフォームなどお土産を買うことができます。シーズンも終わりに近かったので嬉しいことにユニフォームなどはセール価格になっていました。
 

f:id:world-trip-lovers:20170620195201j:plain

 
メガストアではデルタ航空マイレージ会員証を提示するとセール品を除いて20%の割引を受けることができます。現在デルタ航空はオフィシャルエアラインパートナーのため、このような特典がついています。なおマイレージ会員への入会は無料です。(詳しくはデルタ航空の公式サイトへ)
さらに一定額以上の購入でVAT refundという免税手続きができるため旅行者にはありがたいです。手続きには一定のルールがありますが賢く利用するとかなりお得になります。
 

f:id:world-trip-lovers:20170620195554j:plain

 
グッズを買ってミュージアムに戻ります。
 

17:00 軽食タイム

ミュージアムに戻ると食事の準備がされているので、空いている座席に座って食事を堪能します。座席は人数分はないので、早めに戻らないとちょっと席を探すのが大変かもしれません。食事はブースに自分で取りに行くか、一部のメニューはスタッフの人が持って回ってくるので欲しければそのプレートからもらいます。軽食メニューばかりですがここは食べ飲み放題でホットドックやバーガーやフライドチキンなどがありました。
 

f:id:world-trip-lovers:20170620195922j:plain

f:id:world-trip-lovers:20170620195934j:plain


デザートも結構こじゃれたものが多かったです。
 

f:id:world-trip-lovers:20170620230806j:plain

 

17:30 レジェンド登場

ここからチェルシーで活躍されたおじ様がたレジェンドが登場しトークが始まります。今回来てくれた3名の中にはレジェンド中のレジェンドのロン・ハリス氏もいました。レジェンドランキングでいまだにTop3に入るようなOBでクラブ通算795試合出場は歴代一位だそう。想像していたより有名な人が来るんですね。ファンの方はトークに聞き入っていました。
 

f:id:world-trip-lovers:20170620231207j:plain

 
トークを聞いた後は即席のサイン&握手&写真撮影会です。プロフィールの書かれているプロマイドをクラブが準備してくれていて、それにサインしてくれるので帰国後にそのレジェンドのことを調べることができて助かりました。実はロン・ハリス氏のすごさを知ったのは帰国後なので(笑)
  

f:id:world-trip-lovers:20170620234729j:plain

 
試合開始1時間前くらいになるとアナウンスがありスタジアムへ向かいます。エレベーターで下に降りると最後にスタジアムで使えるドリンクチケットとお土産をもらいます。フレンドリーなスタッフに挨拶をしてゲートに向かいます。ゲート付近では楽団が音楽で入場者を出迎えてくれています。
 
 f:id:world-trip-lovers:20170620233719j:plain
 
セキュリティチェックを受けて入場します。
 

f:id:world-trip-lovers:20170621002421j:plain

 
ここのスタジアムもやはり入場ゲートは狭いですね。本当に全員通れるのか心配になります。
 

f:id:world-trip-lovers:20170621002520j:plain

 
入場後はまずは喉の潤しタイム。せっかくドリンクチケットをもらったので他の観客と同様売店エリアでビールをいただきます。ビールのサイズが大きくて嬉しい。
 

f:id:world-trip-lovers:20170621002222j:plain

 
シートはWest stand Upper Tierで高い位置からの観戦です、ピッチをみる分には視界も問題ありませんがスクリーンは照明設備に遮られて見えず残念でした。
 

f:id:world-trip-lovers:20170620234043j:plain

 
観客席には巨大なフラッグが出てきました。そろそろ試合が始まりますね。
 

f:id:world-trip-lovers:20170621011639j:plain

 

20:00 Chelsea vs Middlesbrough いよいよ試合開始

いよいよ試合開始です。試合開始前の時点でこの試合に勝つと優勝に王手がかかる首位チェルシー、この試合に負けると降格が決まる19位ミドルズブラ。置かれている状況は異なりますが、両チームともに負けられない試合です。
※本当は試合中は写真撮影が禁止のようですがちょっとだけパシャリ。
 

f:id:world-trip-lovers:20170620235156j:plain

   
試合は前半からホームのチェルシーペース。前半にセスク・ファブレガスから浮き球のパスがジエゴ・コスタへ通りゴールキーパーとの1対1を沈めて先制!スタンフォードブリッジのサポーターは大興奮です。追加点もデジャブのような形でマルコス・アロンソが追加点!!後半さらにネマニャ・マティッチが豪快に蹴り込み3点目が決まりました!!!
そしてこの試合最もスタジアムがもっとも盛り上がったのは、今シーズンでの退団が決まっている主将ジョン・テリーが交代出場した時でした。テリーがボールをさばくたびに拍手とチャントが響きます。ワンタッチのバックパス1つにも拍手が起こるような状況で、本当に愛されている選手だということを感じました。今シーズンで現役最後になるかもしれない彼のプレーを見ることができたのは幸運でした。
 
f:id:world-trip-lovers:20170620234242j:plain
 

22:00 スタジアム退場

試合後は来た道を戻ります。人の流れに沿っていくと来た時の出入口とは異なり臨時改札口に進むのでオイスターカードで入ります。切符売り場もみあたらなかったのでオイスターカードへのチャージしておいてよかったと思いました。帰りの電車は混みますがアーセナルの試合と駅前は同様ものすごい人でしたが、電車内は日本の満員電車より楽だったのでホッとしました。
 

f:id:world-trip-lovers:20170620235555j:plain

 

 22:18 SOUTH KENSNGTON駅着

最寄りのSOUTH KENSNGTON駅が想像以上に近くて帰りは本当に楽でした。夕食は軽食だったので駅前のPETIT PRETというデリで夜食を購入。ヨーロッパは深夜閉まってしまうお店が多いので、こういう遅くまで営業してくれるお店はありがたいです。ちなみにこのお店はロンドンのあちこちで見かけたのでチェーン展開しているようです。
 

f:id:world-trip-lovers:20170621000031j:plain

 

5月なのにロンドンはまだまだかなり寒く耐え切れずホットチョコレートを購入。

 

f:id:world-trip-lovers:20170621000047j:plain

 

夜食にマカロニチーズ。まだ温かくてよかった。チーズが効いていて美味しかったです。

 

f:id:world-trip-lovers:20170621000104j:plain

 

今回ロンドン滞在はそんなに長くなかったですが結構充実した時間が過ごせたのでよかったです。さぁ明日も早いしさっさと荷造りして寝ないと。

 

続きは次回にしたいと思います。
ここまでお付き合いいただきありがとうございました。

 

 

 

2017年5月・ロンドン旅行記9(3日目):大英博物館&アーセナル試合観戦&ナイトツアーとフル稼働の一日

8:00 朝食

今回は朝食ブッフェが付いているホテルだったので頑張って起きて朝食会場へ。 あまり期待していなかったのですが想像以上に種類豊富でしっかりしたブッフェで朝からちょっとテンションUP。

 

f:id:world-trip-lovers:20170612162243j:plain f:id:world-trip-lovers:20170612162301j:plain

f:id:world-trip-lovers:20170612162310j:plain f:id:world-trip-lovers:20170612162340j:plainf:id:world-trip-lovers:20170612162331j:plain

 

イングリッシュブレックファーストっぽく盛り付けてみました。ブラッディプディング(豚の血のソーセージ)は血生臭くて私には合いませんでしたが他は美味しくてつい食べ過ぎてしまいました。特にチーズの種類が多くて色々楽しめました。

 

f:id:world-trip-lovers:20170612162353j:plain

 

10:25 大英博物館

本日はまず大英博物館観光からスタートです。しかし10時開館なのでこの時間にくればすぐに入れるかと思ったらものすごい行列です。人気過ぎて入場制限でもしているのかと一瞬焦りましたが、ただセキュリティチェックに並んでいただけのようでした。そのチェックもスムーズに進んで5分程度で入館できました。よかったです。

 

f:id:world-trip-lovers:20170612162407j:plain

 

さすが世界的に有名な博物館だけあって広いです。入口からもう芸術作品のような感じでかっこいいですね。

 

f:id:world-trip-lovers:20170612162419j:plain

 

館内はかなり広くエジプト、ギリシャ、アジアなど複数のエリアに分かれていて各エリアをじっくり見ていたら1日あっても見切れないほどの大きさです。しかもどれも有名な作品ばかりで日本だったっらエジプトエリアだけで何回展示を行えるのかと思うほど圧巻の展示内容です。ロゼッタストーンも初めて見ましたが感動しました。

 

f:id:world-trip-lovers:20170612162501j:plain

f:id:world-trip-lovers:20170612162522j:plain

f:id:world-trip-lovers:20170612162535j:plain

 

ランチはガイドブックで見て気になっていたガスロトパブへ。パブがあるOld Street駅は大英博物館からのアクセスがあまりよくなく、この後の予定も詰まっていて時間があまりなかったのでタクシーで移動することにします。博物館からお店までは15分くらいで着きました。運賃も£12.6(約1900円)と思ったほど値段もかからなかったので急いでるときは便利でいいですね。

 

f:id:world-trip-lovers:20170613112518j:plain

 

12:40 The Prinncess of shoreditchで待望のランチ 

お店の看板が上の方に小さくつるされているだけだったので見過ごしそうになりましたが気づけて良かったです。 

 

f:id:world-trip-lovers:20170612162554j:plain

 

入口で食事をするかお酒だけかと聞かれたので食事をする旨伝え席に案内してもらいます。パッと見た感じでは分かりませんでしたがもしかするとパブエリアとレストランエリアに分かれているのかもしれません。店内はカフェのような感じで明るく清潔感のある作りでとても居心地がいいです。人気があるようで私たちはギリギリ入れましたが後から来た人は満席で断られていたのでランチタイムに行くときは早めに行った方がよさそうです。

 

f:id:world-trip-lovers:20170612162807j:plain

 

メニューにはワインと瓶ビールしか記載がなく生ビールのメニューは各タップに貼られているコースターを見てねということでした。ただ席からはよく見えないしどれも知らないビールだったので適当にHACKNEYというビールを1つとシャンディを注文することに。

シャンディは日本のシャンディガフとは違いジンジャーエールではなくビールをレモネードで割ったカクテルのようで以前ロンドンにいた知人に勧められたので試してみました。甘さはあるもののスッキリしていて飲みやすいので昼間に飲むにはピッタリのカクテルという感じでした。ビールは温めでガスが少なくちょっと物足りなかったですがロンドンのビールはこういうビールが多いと聞いていたのでこんなものなんでしょうね。

 

f:id:world-trip-lovers:20170612162824j:plain

 

食事はまずアスパラのロースト。シンプルで美味しかったですがこのサイズで£8.5(約1300円)はちょっと高いかなと思いました。

 

f:id:world-trip-lovers:20170612162853j:plain

 

本日のメインはこの日曜限定のローストビーフ!(メニューを見たぶんには日曜限定という感じでもなさそうでしたが、、)これが食べたくてここのお店に来たので食べられて嬉しいです。

2人でシェアするかと聞かれたのでそれでお願いしたら2皿に分けて持ってきてくれました。しかもちゃんと付け合わせの野菜も同じように盛り付けてくれてます。後々レシートを見たら1皿分と変わらない料金(£19)でこれだけサービスしてくれたと思うと本当にありがたいです。

 

f:id:world-trip-lovers:20170612162835j:plain

 

大きなヨークシャープディングの下にはこれまた大きなローストビーフが。ローストビーフと一緒に店員さんが5種類のソースを持ってきてくれたので私はホースラディッシュソースをチョイス。甘いグレービーソースとピリ辛のホースラディッシュがローストビーフによく合ってめちゃくちゃ美味しいです。付け合わせのポテトやニンジンも美味しいし。 このローストビーフは味ボリューム共にかなり満足でした。

 

f:id:world-trip-lovers:20170613120808j:plain

 

以上でサービス料込みで£41(約6200円)。ロンドンの物価を考えたらかなりお得に美味しくランチができたと思います。 店員さんのサービスもよく機会があれば是非また来てみたいと思えるお店でした。

参考までにメニューを載せますので興味ある方はクリックで拡大してご覧ください。

 

f:id:world-trip-lovers:20170613125127j:plain f:id:world-trip-lovers:20170613125111j:plain f:id:world-trip-lovers:20170613125127j:plain

 

さぁこのあとは本日のメインイベント!!サッカー観戦です。本日はなんとアーセナルマンチェスターユナイテッドという最高の組み合わせです。何とかチケットを入手できたので存分に楽しもうと思います。

 

14:30 Arsenal駅着→エミレーツスタジアム

Old Street駅からArsenal駅まではKings Cross駅での乗り換えも併せて20分程度で着くことができました。ロンドン市内は意外とどこも近くて便利です。

 

f:id:world-trip-lovers:20170612231137j:plain


改札を出ると露天もでていてすでにサポーターもたくさん集まってきています。駅を出て右手に進むと一本道が左に曲がるのでそれを道なりに真っ直ぐ進むと右手にすぐアーセナルの本拠地エミレーツスタジアムが見えてきます。スタジアムは駅から本当に近く寄り道しなければ5分もかからず着くことができます。

 

f:id:world-trip-lovers:20170613160909j:plain

f:id:world-trip-lovers:20170613160921j:plain

 

入り口にはチケット売り場(試合開催日はアウェイチーム専用の引換所のようです)と小さいですがアーセナルのファンショップがあります。(メインは反対側にあります。)

 

f:id:world-trip-lovers:20170613133259j:plain

 

チケット売り場の横の階段を上るとスタジアムに続く橋があり、ここで最初の手荷物の検査があります。

 

f:id:world-trip-lovers:20170613153128j:plain

 

橋を進むとすぐに選手が後ろ向きに肩を組んだ大看板が目に飛び込んできます。まずは近くで売っていたマッチデープログラムを購入します。

 

f:id:world-trip-lovers:20170612231217j:plain


ぐるっと半周回ると「Armoury」というメガストアがあります。品揃えも豊富ですが試合前ということもあり多少混雑していました。

 

f:id:world-trip-lovers:20170613153512j:plain

f:id:world-trip-lovers:20170613133450j:plain

 

 アーセナルは会員証がチケットとなっており、ゲートや座席情報はチケット購入時に送られてくるメールの情報をプリントアウトしてもってくると便利です。ゲートでは再度手荷物検査があり、検査後の荷物に係員さんがタグを付けてくれます。

 

f:id:world-trip-lovers:20170613230023j:plain

 

チケットを読み取り機に当てて、回転扉を通りスタジアムの中に入ります。この開店扉が狭く大きな荷物は通れません。基本的に荷物を預けたりする場所もないので、極力荷物は少な目でいくことをおすすめします。

 

f:id:world-trip-lovers:20170613225652j:plain

 

ロンドンのサッカースタジアムは基本的に座席へのアルコールの持ち込みが禁止なので試合開始ギリギリまで皆売店の前で飲んでいます。売店のエリアには大勢の人が。

 

f:id:world-trip-lovers:20170613154002j:plain

 

スナックとソフトドリンクの持ち込みはOKということで売店で購入して観戦の準備万端です。

 

f:id:world-trip-lovers:20170613154112j:plain

 

試合直前になり一気に座席に人が集まります。プレミアリーグの試合は原則着席観戦で座席の足元も狭いため、人が通るたびに立ちあがって道を作る必要があります。そのため、選手入場などは落ち着いてみることができません。。

 

f:id:world-trip-lovers:20170613132622j:plain

 

16:00 Arsenal vs Manchester United いよいよ試合開始

いよいよ試合開始です。

試合開始前の時点で6位アーセナル、5位ユナイテッド。両チームチャンピオンズリーグ出場権を得るために負けられない試合です。しかし、ユナイテッドはヨーロッパリーグ準決勝セルタ戦の1st legに1-0と勝利をおさめた直後の試合ということもあり、ターンオーバーを採用したようで、ポール・ポグバや怪我していたズラタン・イブラヒモヴィッチを見ることはできず。

※本当は試合中は写真撮影が禁止のようですがちょっとだけパシャリ。

 

f:id:world-trip-lovers:20170613132735j:plain

 

ハーフタイム中にピッチの脇でアーセナルマスコットキャラクターのガンナーザウルス・レックスとちびっこがPK対決をしていました。こういうイベントは子供にはいい思い出になるでしょうね。

 

f:id:world-trip-lovers:20170613161926j:plain

 

試合は後半にグラニト・シャカのミドルシュートアーセナルが先制!スタジアムはかなりの熱気で大盛り上がりです。興奮も冷めやらぬ内に、チェンバレンのクロスからダニー・ウェルベックがヘディングで合わせて追加点。追いかけるユナイテッドはウェイン・ルーニーのシュートなどでチャンスはあったものの結局試合は2-0でアーセナル勝利しました。今季はヴェンゲル監督の解任運動も起きていたので、もしかするとヴェンゲル監督最後のシーズンかもしれず、試合後にヴェンゲル監督とモウリーニョ監督が握手して引き上げていったのが印象に残っています。

 

f:id:world-trip-lovers:20170613132926j:plain

 

帰りのArsenal駅はものすごい混雑で外まで行列になっています。これはどの国でも変わらない光景ですね(笑)左側の列はArsenal駅への入場待ちの列になります。

 

f:id:world-trip-lovers:20170613132942j:plain

 

Arsenalの駅前でもう1つ別にFINSBURY PARKという駅が近くにあるという案内をしていたのでただこの行列を待つより歩いてみることにします。地図がなかったので道がわかるか心配でしたが移動する人も多くみんなについていけば大丈夫だと思います。

 

f:id:world-trip-lovers:20170613134121j:plain

 

15分程度でFINSBURY PARK駅に到着しましたが考えることは皆同じようでこちらの駅もすごい混雑、、しかし思ったよりも流れがよく割とすぐに電車に乗れ車内もそこまでギュウギュウではなかったのでよかったです。

 

f:id:world-trip-lovers:20170613134207j:plain

 

この後お土産でも買いに行こうと思っていたら、行ったお店がどこも開いてない、、、うっかり確認しないでいたら日曜は閉店が早いお店が多いようで、行きたいお店がこぞって閉まっているという残念な結果に。仕方ないので買い物は諦めてパブで飲むことに。

 

19:20 SHERLOCK HOLMES PUB で一息

イギリスの有名な小説シャーロックホームズをモチーフにしたこのパブ。ここも来てみたかったお店なので来れてよかったです。1階がパブのような雰囲気で2階がレストランのように落ち着ける感じになっていますが、メニューは基本的に同じとのこと。1階に入ったところかなり賑わっていたので2階を案内されましたが、2階も予約でいっぱいとのこと。。時間が時間というのもありますが人気のようなので確実に行きたい場合は事前に予約がおすすめです。ただ、1階は立ち飲みしている人もちらほらいたので立ち飲みが気にならなければ何とか飲むことはできそうです。

 

f:id:world-trip-lovers:20170613162740j:plain

 

メニューはこんな感じで料理のメニューも結構そろっていました。

 

f:id:world-trip-lovers:20170613171717j:plain

 

ここもビールのメニューはないのでカウンターに並んでいるタップについている銘柄を見て注文しその場で支払います。せっかくここに来たらオリジナルのシャーロックホームズエールとワトソンエールを飲まないとですね。

 

f:id:world-trip-lovers:20170613163233j:plain

 

しかし注文したらワトソンエールが半分程度注いだところで空になってしまい本日の分は終了したとのこと。グラスの半分まで注がれたビールも捨てられそうになったので、どーしても飲みたかった私たちは1杯分の料金を払うからと頼み込み譲ってもらいました。(でも結局お代はいらないということでビールを頂いてしまいました。ありがたいです。)

 

f:id:world-trip-lovers:20170613164114j:plain

 

店内の席が空いていなかったので外で立ち飲み。このビールもやはり温くてガスが少なめのいかにもイギリスビールという感じでした。しかしすべてのビールがそうではないようで、この後頼んだミーンタイムというビールはしっかり冷えてて苦みもあり日本人好みのビールでした。

 

f:id:world-trip-lovers:20170613163252j:plain

 

席が空いたのでソーセージを頼んでみたらうっかり血入りのソーセージだったようでこれもイマイチでした、、他にも美味しそうなメニューがあったのでそっちにしておけばよかったです(笑)

 

f:id:world-trip-lovers:20170613163306j:plain

 

21:15 市内観光ナイトバスツアー

本日のラストは事前に申し込んでおいた夜に出発する市内観光バスツアーです。SEE LONDON BY NIGHT という会社が催行しているこのツアーは1日に何便も出ているので自分のスケジュールに合わせられて利便性が高くてとてもいいです。ネットをカチカチしていたら公式サイトで使えるクーポンを発見したので、1人当たり£18のツアーがなんと£14.4とかなりお得に参加することができました。これは嬉しい。

ツアーはGreen Park駅前のリッツホテルの前から出発となります。

 

f:id:world-trip-lovers:20170613165014j:plain

 

ハロッズがライトアップされていてきれいです。

 

f:id:world-trip-lovers:20170613165026j:plain

 

このツアーはロンドンブリッジ、ロンドンアイ、セントポール大聖堂など一通り観光名所を回ってくれるので時間のない観光客には本当にありがたいツアーです。またあちこちライトアップされている夜のきれいなロンドンが見れるのもロマンチックで楽しかったです。

 

f:id:world-trip-lovers:20170613165045j:plain

f:id:world-trip-lovers:20170613165058j:plain

 

気付けば22時半。今日も一日歩き回って疲れました。

 

続きは次回にしたいと思います。
ここまでお付き合いいただきありがとうございました。