読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くろネコとしろネコの旅ブログ

飛行機と旅行好きな夫(くろネコ)と妻(しろネコ)の旅のつぶやきです。時々、飛行機やお得情報など。

ついに開始!マレーシア航空のビジネスクラス割引セール!!今年こそJGC獲得なるか!?

ついに始まりました!マレーシア航空のビジネスクラスの割引セール。

マレーシア航空は時々このようなセールを行っていますが今回はその中でも運賃がかなり安くなっているようです。これはJALの上級会員であるJGCJALグローバルクラブ)を目指す人とってはかなりありがたいセールです。しかも最後の数日とはいえGWにもかぶせて利用できるというのも嬉しいです。

 

先日夫がこのセール見つけたようでソッコーで連絡がきました。

帰るまでにどこに行きたいか考えておいてとのこと。

今までJGCを目指そうか悩んで結局修行をしないままでいた夫ですが、今年はすでにJALのFOPが8000近く溜まっていることもあり、それに加えてこのセールなのでかなりやる気スイッチが入ったようです。普段優柔不断でのんびりしているのにやると決めた時は不思議と行動が早いです(笑)

帰宅して早速でチケットを申し込んでいました。

今回の目的地はロンドン。

以前行った時はほとんど観光せず帰ってきてしまったので今度はゆっくり楽しみたいと思います。

 

そんなロンドンはなんとビジネスクラスで往復するとFOP25000弱獲得できます。

JGC獲得には50000ポイント必要なのでその約半分を今回の旅行で一気に稼げてしまえるのでかなりJGC獲得への可能性が見えてきました。あとはJAL便をちょこちょこ利用すればなんとかいけそうな感じがします。

 

ちなみに今回はマレーシア航空を利用するのでクアラルンプールを経由するためロンドンまでは乗り継ぎを含めて30時間程度かかってしまうようですが、ビジネスクラスなんて中々乗る機会もないですし、美味しいお酒もたくさん飲めるので私もたっぷり飛行機も堪能したいと思います。しかもなんとジャンボではないですが今回も2階建ての飛行機のようなので前回のタイ国際航空では座れなかった2階部分をたっぷり楽しみたいと思います。 

 

簡単にですがマレーシア航空のセール概要をまとめておきます。

興味のある方は参考までにどうぞ。

 

マレーシア航空・ビジネスクラスセール概要 

 

販売期間 2017/3/8まで
対象期間 2017/4/1~4/25、5/5~7/21

 

各地への運賃です。実際はこれに諸税がかかります。例えば今回私たちが行くロンドンの場合は成田発で諸税が29,690円だったので合計で174,190円になります。

 

 

 セール期間はあと1週間程なので興味のある方はお早めに検討してみてください。

 

今回の記事は以上になります。

ここまでお付き合いいただきありがとうございました。 

 

 

 

2016年12月・プーケット旅行記11(4日目):バンコクより羽田空港へ。いよいよ旅も終了です。

ラウンジは滞在時間わずが15分程度で退出し搭乗ゲートへ急ぎます。結局ラウンジには写真を撮るためだけに入ったようなものでした。とは言ってもなんだかんだビールも飲めたし雰囲気を見れただけでも満足です。

 

14:20 TG660 バンコク→羽田行き

ラウンジを出るのがちょっと遅かったのでもう搭乗は始まっていましたが、混雑もなくなっていてちょうどいいタイミングでした。

 

f:id:world-trip-lovers:20170223130438j:plain

 

帰りの機材は747-400ということで今回もジャンボ。こんなにジャンボに乗れるなんてテンション上がります。もっと早くジャンボとわかっていたらビジネスクラスにしてもよかったかな(笑)

 

f:id:world-trip-lovers:20170222162025j:plain

 

15:45 ドリンクサービス

乗客が多かったのか今回はプッシュバックまで1時間もかかりました。やっと離陸した後は20分程度でドリンクサービスと合わせてスナックの開始です。私はビール。チャーンビールはシンハーのようにタイ国際航空のロゴは入っていないようです。スナックは玄米せんべいのり塩テイスト。ヘルシーで軽い感じのスナックで美味しかったです。夫は帰りの運転があるので今回はコーラで我慢していたました。ちょっと申し訳ないので気持ちばかりですがスナックは2つともあげることにします。

 

f:id:world-trip-lovers:20170223180733j:plain

 

16:00 機内食

今回の機内食のチョイスはチキンorビーフ。チキンは親子丼のようなあっさりテイストで、豚肉の方はレッドカレーに近いような感じでした。サイドはシーフードサラダと日本そばとパン。サラダはイマイチでしたがメインは思っていたよりは美味しかったです。 

 

f:id:world-trip-lovers:20170222162303j:plain

f:id:world-trip-lovers:20170222162309j:plain

 

デザートはココナッツアイス。かなりココナッツ味の強いアイスで美味しかったです。

 

f:id:world-trip-lovers:20170222162314j:plain

 

22:25 羽田空港到着

予定通りの時間で羽田到着です。この後は車で帰るので隣接の駐車場に向かいます。国際線の駐車場は3階にターミナルの連絡通路があります。やはりターミナルに近い場所はいつもいっぱいなのでなかなか空きがありませんがもし空きがあるようなら3階付近に駐車できると便利そうです。

 

f:id:world-trip-lovers:20170225181129j:plain

 

最近は全日空ばかり乗っていたのでタイ国際航空はちょっとどうかなという感じでしたが乗ってみたら意外と機内食も美味しかったですし、サービスも悪くなく快適でした。ドリンクサービスがスルーされるようなこともありましたが、ドリンクは言えば貰えますからね。これくらいは忙しい時には他の海外のエアラインでもありそうですし。これならまた乗ってみたいと思います。プーケットも観光地化していて安心して歩ける場所が多いので過ごしやすく楽しかったですし。

あっという間に4泊5日の旅行が終わってしまいました。いつもそうですが旅が終わるのは早いものです。帰ってきたばかりですがもうプーケットに行きたいなと考えてしまっています。いつかまた行けるといいな。

 

プーケット旅行記は以上になります。

ここまでお付き合いいただきありがとうございました。

プーケット旅行記10(4日目):乗り継ぎのためプーケットからバンコク、スワンナプーム空港へ

ラウンジで時間を潰した再度ゲートへ向かいます。今度は問題なく出発できるようで安心しました。

 

11:05 TG204 プーケットバンコク行き

結局40分遅れの搭乗開始です。バンコクまでは国内線の飛行機に乗るので、私たちがいる国際線エリアから長い通路を進んで行くと国内線側の搭乗ゲートの通路と合流できるようになっています。国際線側から移動する乗客はたった4人しかいなかったのでこんなに少ないものかとちょっと不安でしたが国内線エリアからはかなり乗客がいたので一安心です。

 

f:id:world-trip-lovers:20170223154628j:plain

 

今回の機材は777-300ER。

 

f:id:world-trip-lovers:20170223154642j:plain

f:id:world-trip-lovers:20170223154655j:plain

 

モニターだけではなくUSBポートまで付いています。最近では機内で充電もできるので便利ですね。

 

f:id:world-trip-lovers:20170223154725j:plain

 

11:55 軽食

離陸後15分程度で軽食が配られました。フライト時間が短いわりに乗客も多いのでCAさんがバタバタしています。今回はフルーツジュースとベジタブルホットサンド。チーズが入っていてクリーミーで行きと同様こちらも美味しかったです。

 

f:id:world-trip-lovers:20170223154703j:plain

f:id:world-trip-lovers:20170223154711j:plain

 

13:00 バンコク到着

バンコクスワンナプーム空港に到着です。しかし、プーケットで出発が遅れた分、到着時間がかなり遅れてしまいました。さらにボーディング・ブリッジを使えなかったのでバスで移動したするのに時間がかかりすでに時刻は13時半近くになってしまっていました。次のボーディングタイムは14:10なのでもう1時間もありません。スワンナプーム空港は広いので急いで移動しないとあまりゆっくりしていられません。

やっと空港建物に入るとCIQのプラカードを持った職員さんが立って待っていてくれました。CIQのシールを付けている人は右に進んで国際線エリアへ乗り継ぐようです。これなら間違えることもないので安心ですね。

 

f:id:world-trip-lovers:20170222161749j:plain

 

少し進むとInternational Transfer for CIQ Passengersと書かれた看板が見えてきました。プーケットですでに出国の手続きを済ませているので、ここではあっさり国際線エリアに入れます。

 

f:id:world-trip-lovers:20170222161758j:plain

 

13:30 出発ロビー 到着

プーケット出発時にはまだバンコク-羽田間の搭乗口が決まっていないかったのでフライトボードで確認します。今回はC2Aゲートのようなのでそちらの方向に向かうことにします。

 

f:id:world-trip-lovers:20170223121721j:plain

 

到着は2階なので搭乗口のある4階に向かわないといけませんが、まだお土産を買えていないのでまずは3階のショッピングエリアで猛ダッシュでお土産の物色をします。

  

f:id:world-trip-lovers:20170223122830j:plain

 

13:55 またまたラウンジで一息

買い物に時間をかけすぎてしまいほとんど時間が残っていませんでしたが、空港ラウンジも気になるので駆け足で立ち寄ってみることにしました。ここスワンナプーム空港はかなりの大空港なので多くの航空会社のラウンジがそろっています。なのでSFC会員ならばロイヤルシルクラウンジ以外にもスターアライアンス系エアラインのシンガポール航空エバー航空のラウンジなども利用できるようですが、今回は時間がないので搭乗口に一番近いロイヤルシルクラウンジに立ち寄りました。本当はいくつか見て回りたかったので残念です。

 

f:id:world-trip-lovers:20170222161808j:plain

 

空港内にはラウンジがたくさんあるからか今回入った時ラウンジ内はかなり空いていました。そしてここは広々していてのんびりできそうです。ただ、ここのラウンジも無料WI‐FIはありましたが、パッと見た感じここも充電コンセントは見当たりませんでした。

 

f:id:world-trip-lovers:20170222161816j:plain

 

さあすがタイ国際航空の本拠地ということだけあって軽食の種類がかなり豊富です。サンドイッチ、スイーツ、フルーツ等々。

 

f:id:world-trip-lovers:20170222161830j:plain

f:id:world-trip-lovers:20170222161905j:plain

f:id:world-trip-lovers:20170222161916j:plain

 

この時はまだ準備されていないのもありましたがホットミールもそれなりにあるようです。点心、ちまき、ミートパイなども揃っています。

 

f:id:world-trip-lovers:20170222161846j:plain

f:id:world-trip-lovers:20170222161852j:plain

f:id:world-trip-lovers:20170222161858j:plain

 

ドリンクはこちらもサーバーはありませんが一通りのものは揃っているようです。

 

f:id:world-trip-lovers:20170222161840j:plain

 

時間もなかったですが、せっかくなのでプリンとビールを頂いちゃいました。

 

f:id:world-trip-lovers:20170222161923j:plain

 

続きは次回にしたいと思います。

ここまでお付き合いいただきありがとうございました。

 

プーケット旅行記9(4日目):最終日。プーケット国際空港へ

プーケット最終日。といってもフライトが早いので残念ながら遊んだり買い物したりする時間はありません。本日はひたすら移動三昧です。 

 

6:45 朝食

出発が早いのであまりのんびりはしてられませんが、朝食はホテルでしっかりいただきます。

 

f:id:world-trip-lovers:20170222145900j:plain

 

本日もオムレツはよく焼きで。朝食のメニューは少しずつ変わるようです。味見がてら少しずつお皿に盛ったらちょっとみすぼらしい感じになってしまいましたが(笑)それにしてもこの日の朝食にあった豆腐があまりに臭くてビックリしました、、いわゆる臭豆腐というものなのでしょうか?大抵のものは食べられる私ですが今回の旅でこれだけは食べられませんでした。

 

f:id:world-trip-lovers:20170222145916j:plain

f:id:world-trip-lovers:20170222145929j:plain

 

7:30 ホテルチェックアウト~空港へ

今回のツアーに送迎が含まれているので10:55のフライトに乗るため7:30に迎えにきてくれるということ。朝食をさっと済ませた後はチェックアウトをしにロビーに向かいます。待ち合わせの10分前にチェックアウトをしようと下りるとすでにガイドさんが来ていました。ガイドさんがチェックアウトの手続きなどもすべて行ってくれあっという間にチェックアウト完了です。短い間でしたがお世話になったホテルに別れを告げ空港へ向かいます。

 

f:id:world-trip-lovers:20170222151150j:plain

 

8:45 プーケット国際空港到着

ホテルから1時間ほどで空港に着きました。帰りもタイ国際航空(TG)利用なのでまずはTGカウンターでチェックインです。国際線用チェックインカウンターだからかまったく混雑していなくチェックインもあっという間に完了です。今回利用するTG204便はボーディングタイムが10:25なのでかなり余裕があります。

 

f:id:world-trip-lovers:20170222145946j:plain

 

チェックインカウンターでは搭乗券と一緒にCIQのシールを渡され胸に貼っておくように案内されました。C,I.Qとは税関(Customs)、出入国管理(Immigration)、検疫(Quarantine)の略でこれを張っている人は出国関係の手続きを終了したということを表すようです。こちらはこれを貼っておくとバンコクで乗り換える際に国内線エリアから再度出国の手続きをしないで直接国際線エリアに入るようになっているようです。

 

f:id:world-trip-lovers:20170222145954j:plain

 

チェックインを済ませた後はロビーを軽く散策。なぜか空港の一角にレスター・シティFCのショップが。サッカー好きな夫は楽しそうに見ていました。

 

f:id:world-trip-lovers:20170222150002j:plain

 

9:00 出国審査完了

出国審査を済ませた後は国際線用エリアで出発まで時間を過ごします。そんなに広くはないので、お菓子類は少ないですがある程度のお店や免税店は揃っていました。お菓子類はバンコクの方が色々買えそうです。パンピューリやハーンなども免税価格になっていて街中のお店より若干安かったです。ここで買えばよかったな。。

 

f:id:world-trip-lovers:20170222160038j:plain

 

Jo MALONEまで入っていることにはビックリ。とても好きなお店なのでこれは嬉しかったです。価格は日本より若干安いくらいでした。ただ、スタッフと話していたらこの時は確か5000THB(だったかな?)以上購入すると800THBのディスカウントチケットがあるということで、800THBといえば3,000円弱なのでこれはかなりお得です。ついつい買ってしまいました。

 

f:id:world-trip-lovers:20170222150017j:plain

 

奥にはVAT REFUND FOR TOURISTS OFFICEもあるので免税手続きはプーケットで済ませられるようです。 

 

f:id:world-trip-lovers:20170223142324j:plain

 

それからマッサージ店なんてのもありました。狭いわりには色々揃っていて快適です。

 

f:id:world-trip-lovers:20170222160057j:plain

 

10:00 ラウンジで一休み

一通り見終わってもまだ時間があるのでラウンジへ。SFC(スーパーフライヤーズカード)のお陰で帰りもロイヤルオーキットラウンジにおじゃまします。こちらのラウンジは仮設なのか待合室エリアの一角をちょっと仕切っているだけであけっぴろげな感じなのでそこまでくつろげるという雰囲気ではなさそうです。それでもゆったり座れて軽食まで用意してもらっているだけでも十分ありがたいですが。こちらのラウンジは無料WI-FIはあるものの充電コンセントやトイレなどはラウンジ内にはありませんでした。

 

f:id:world-trip-lovers:20170222154922j:plain

 

ロイヤルオーキットラウンジのスナックはこんな感じでした。菓子パン、クッキー、ラーメンにドリンク。ドリンクも種類は少ないようですがビールも一応あるようです。

 

f:id:world-trip-lovers:20170222154942j:plain

f:id:world-trip-lovers:20170222154952j:plain

 

プーケットの空港は小さいのでまぁこんなものかなと思っていましたが、席に着くとこんなメニュー表が置いてありました。なんと前菜、メイン、ドリンクから1品ずつ選べるようです。座るとすぐスタッフの人が注文を取りに来てくれました。

 

f:id:world-trip-lovers:20170222155042j:plain

 

あんまりたくさん頼むのもなんだか悪くてココア(アイス&ホット)とサンドイッチを1つだけお願いしてみました。やってきたのがこちら。結構しっかりしたメニューでビックリ。カップのロゴを見るとお向かいのillyというカフェのメニューがそのまま運ばれてきたようです。なんだかお得感があります。このサービスはいいですね。味も結構美味しくて二度ビックリでした。これだったらもう1つ頼んでおけばよかったかなとついつい欲が出てしまいました(笑)

 

f:id:world-trip-lovers:20170222155057j:plain

f:id:world-trip-lovers:20170222155109j:plain

 

窓からは待機している機体が見えます。プーケットの空港は海に面しているのでとてもいい景色です。

 

f:id:world-trip-lovers:20170222160815j:plain

 

時間になったので搭乗口に向かうと機材遅れのため30分程遅れるとのこと。アナウンスがほしかったな。。。30分もあるので再度ラウンジに戻ります。とりあえずラウンジ内の軽食をつまみながら時間をつぶします。

 

f:id:world-trip-lovers:20170223150107j:plain

  

続きは次回にしたいと思います。

ここまでお付き合いいただきありがとうございました。

プーケット旅行記8(3日目):今夜も夜のパトンを飲み歩き

最後の夜なので部屋でサクサクとシャワーを浴びたら今夜も飲み歩きを楽しみたいと思います。途中パトンビーチを見ると瓶ビール片手に夜の海を楽しんでいる人たちも大勢いました。ビーチで飲むのもちょっと惹かれましたがプーケットでの滞在時間もあとわずかなので今回は諦めることにします。

 

f:id:world-trip-lovers:20170221155635j:plain

 

19:00 The Surface Restaurant&Barでカクテルを満喫

本日の飲み歩き1軒目はLa Flora(ラ・フローラホテル)の屋上にあるサーフェスレストラン&バーに行ってみることにします。パトンではオンザビーチのホテルが少ないので、ビーチを眺めながら飲めるこちらのバーはかなり希少なようです。屋上とはいっても3階程度の高さなのでそんなに高い場所にあるわけではなく、ビーチもすぐ横にあるので波の音を聞きながらお酒を楽しめます。ただ、私たちが着いた19時頃には結構日が落ちてしまっていて暗く肉眼ではあまり海は見えなかったので景色を楽しみたいならもう少し早い時間に行く方がよさそうです。

 

f:id:world-trip-lovers:20170220190310j:plain

f:id:world-trip-lovers:20170220190408j:plain

 

バーには1,2組くらいしかいなくとても静かで落ち着いていました。前日のキーホテルのバーに比べると少しカジュアルな感じですが、こちらものんびり過ごすにはよさそうなロケーションでした。ハッピーアワーはなさそうでしたがカクテルも1杯250THB程度とお手軽です。だいたいプーケットのバーのカクテルはこれくらいの価格が多いようで色々めぐれて楽しいです。こちらではカクテルを1杯ずついただき次に向かいます。

 

f:id:world-trip-lovers:20170220190422j:plain

 

20:15 夕食は気になっていた行列店へ

本日の夕食は初日に伺ったレストランの横ですごい行列を作っていてたレストランに行ってみることにします。NUMBER6というのがお店の名前のようです。相変わらずすごい行列。しかし回転がよく、これだけ行列になっているのに10分程度しか待たずに入れてビックリです。店内もそんなに広いわけではないのに回転率が高いのは素晴らしいです。ただ、この人気と回転の良さを重視しているので席は基本的に相席になるようなので窮屈な感じが苦手な人には不向きかもしれません。しかしメニュー数はかなり豊富なので大抵のタイ料理でしたらこちらで食べれそうなのは大きな魅力です。

 

f:id:world-trip-lovers:20170220190444j:plain

f:id:world-trip-lovers:20170220190504j:plain

 

本日の夕食も安定の保冷カバー付きビールから。もう大分慣れてきました。ただビールがぬるくならないのはいいですが、お店によって使い込んでいる保冷カバーは絵柄の部分がはがれて手についたりするのでちょっとその点がちょっとだけ気になります。

 

f:id:world-trip-lovers:20170220190524j:plain

 

食事は空心菜の炒め、プーパッポンカリー(カニのカレー炒め)、チキンのカシューナッツ炒め、パイナップルチャーハン。これでメジャーなタイ料理はある程度食べられたかな。タイ料理でこのプーパッポンカリーが人気と聞いたので一度食べてみたく頼んでみました。確かにワタリガニをたっぷりつかって辛さもかなりマイルドで美味しいのですが、いかんせん食べづらい。。ワタリガニは身が少ないので身を取り出すのに時間がかかりるし、手もべたべたになるので中々他の料理に集中できませんでした。ウェットティッシュを持っていてよかった。海外ではレストランでおしぼりやふきんがないことも多いのでウエットティッシュは常備しておいた方がいいと実感しました。

今回頼んだ料理が辛さ控えめだったのもありますが、全体的に食べやすい味付けで人気があるのもうなづけます。個人的にはこちらと、隣のダンレストランはとても気に入りました。

 

f:id:world-trip-lovers:20170220190531j:plain

f:id:world-trip-lovers:20170220190545j:plain

f:id:world-trip-lovers:20170220190556j:plain

遊んでばかりでお土産を全く買っていなかったので、食後トイレ休憩がてらお土産の購入をしにジャンクセイロンに立ち寄ります。ジャンクセイロンではタイの人気スパブランドのハーンでばらまき用の石鹸を購入。他のは結構値段がはるのもありますが石鹸は1個あたり190THBとお手頃なのでばらまきにはちょうどいいです。ただ、空港より街中の方が安いかなと思って今回こちらで購入したのですがこちらは複数購入しても割引などはなく、空港の方は一定額以上購入すると割引してくれるチケットがあったのである程度購入する場合は空港の方がよさそうでした。

 

22:00 ライブミュージックバーで生演奏を楽しむ

バングラ通りに戻って最後の夜を楽しみたいと思います。昨日のライブバーが楽しかったので本日も生演奏を楽しみたいと探してみます。ライブバーはバングラ通りに何件かあってどこがいいのかわからないので、歩きながら流れてくる曲を聴いてみて知っている曲を演奏していそうなこちらの道TAOというお店に入ってみることにしました。やはり本日もサービスタイムを行っていて入口でビールが1杯目70THBで飲めるチケットをいただきました。本日もビールと音楽を楽しめて大満足です。こちらもノーチャージなのでビール代のみで素敵な時間を過ごせました。

 

f:id:world-trip-lovers:20170221134740j:plain

f:id:world-trip-lovers:20170221134757j:plain

 

22:30 ゴーゴーバー?初入店 

せっかくなので最後に一度くらい女性のいるバーの雰囲気を味わってみようと思いバングラ通りでお店を探してみることに。大通りなら安心なお店も多いようですし、ネットで見ると特に女性とはからまずただお酒だけ飲むこともできるということでしたので、ちょっとだけ雰囲気を味わってみようと店内にはのんびり飲んでいる人もちらほらいたこちらのOSCAR LIVE SPORTS BARというお店に入ってみることに。ゴーゴーバーとまではいかないのかもしれないですが女性がテーブルの上でクネクネ踊っているお店でした。

 

f:id:world-trip-lovers:20170221151539j:plain

 

席に座ると他に人が少なかったのとカモっぽく見えたのかどんどん女性が寄ってきて私も飲みたいと迫ってきました。まぁそこまで高いものでもないので両サイドでずっと話していた2人にだけどうぞと差し上げましたがある程度断る勇気がないと制限なしな感じです(笑)ちなみに右の方がオカマちゃんで左は女性と言っていましたが、どちらも声がオカマちゃんっぽかった気がします。お店の半分くらいはオカマちゃんのようですがみんなスタイルがいいのでどの人が男性なのかまったくわかりません。このスタイルあこがれます。

そうして飲んでいると今度はお店のママさんからゲームをやろうと持ち掛けられてママさんが勝ったら3人にテキーラをおごってくれとまたたかられました(笑)そのゲームとは私たちの前にあるこの緑のおもちゃ。五目並べの立体版ゲームのようなもので各列にコインを落としていき、縦、横、ナナメのいずれかに4つ並んだら勝ちというわりと単純なゲームです。でも、面白そうなので挑戦してみることにします。しかしこのゲーム立体的なので縦に落ちるコインの枚数も考えないといけないので意外と難しい。そしてオカマちゃん達がかなり強い。みんな相当慣れているようであっという間に負けてしまいました。。しかしテキーラを3杯終わるという話だったのに5杯いいとか言い出したのでここは毅然と3杯という約束でしょうと断ります。やはりこういうお店ではある程度はっきり断れないとダメですね。

あまりにあっさり負けて可哀そうだったのか隣のオカマちゃんがもう一度ペナルティー無しで遊ぼうということでチャレンジしましたがやっぱり勝てませんでした(笑)

 

f:id:world-trip-lovers:20170221143525j:plain

 結局、小一時間の滞在でおごりドリンク220×5杯と自分たちのビール2本で250THBで1350THB(5000円弱)かかりました。ただチップなどはいらないようです。色々たかられてドキドキしましたがそこまで高いわけでもなかったですし、珍しい体験ができたので面白かったです。いい経験になりました。

 

 続きは次回にしたいと思います。

ここまでお付き合いいただきありがとうございました

  

NUMBER6レストランの詳細なメニューを知りたい方は下記の写真をクリックして拡大し確認してください。

f:id:world-trip-lovers:20170221165344j:plain f:id:world-trip-lovers:20170221165354j:plain f:id:world-trip-lovers:20170221165606j:plain

f:id:world-trip-lovers:20170221165554j:plain f:id:world-trip-lovers:20170221165839j:plain f:id:world-trip-lovers:20170221165855j:plain 

f:id:world-trip-lovers:20170221165908j:plain f:id:world-trip-lovers:20170221165752j:plain f:id:world-trip-lovers:20170221165803j:plain

プーケット旅行記7(3日目):のんびりエステとビーチ散歩を楽しむ

 プーケット旅行3日目もやっぱり雨。雨季を外して来たのにここまで雨が 続くとちょっと凹みます。パトンのビーチでも泳いでみたかったですが本日はのんびり過ごすことにします。

 

 8:00 朝食

前日は朝早かったのでホテルの朝食が食べられなかったため今日はゆっくり食べようと朝食会場に向かいます。中庭に面しているので開放感のある場所で気持ちよかったです。朝食はブッフェ形式でパンやフルーツ、タイ料理など種類豊富に取り揃えられていました。想像以上にしっかりした朝食でちょっと下がっていたテンションが戻りました。

 

f:id:world-trip-lovers:20170220145425j:plain

f:id:world-trip-lovers:20170220131447j:plain

f:id:world-trip-lovers:20170220131539j:plain

 

オープンキッチンでオムレツまで焼いてくれています。海外で卵の生はちょっと不安があるのでよく焼きで焼いてもらいました。焼き加減も注文に応じてくれるのは助かります。

 

f:id:world-trip-lovers:20170220131511j:plain

 

種類が豊富なのでついつい取りすぎて朝からしっかり食べすぎてしまいました。味も癖の強いものは少なく美味しかったです。バンコクに行った時は食べれらないものもありましたがプーケットは意外と食べやすい料理が多くて嬉しいです。

 

f:id:world-trip-lovers:20170220131556j:plain

f:id:world-trip-lovers:20170220131603j:plain

 

10:50 スパで癒しの時間 

朝食後、部屋でダラダラしていましたが雨も止みそうにないので本日の午前はスパで癒されることにします。Let's Relaxというスパがホテルの裏通りにあって近そうだったので訪れてみることにしました。歩いても全然行ける距離なのですが雨がひどかったので今回はタクシーで移動することにしました。5分で着いてしまいましたが、移動の快適さを考えるとこういう日はタクシーが便利ですね。パトンのタクシーは市内どこでも一律200THBなので近場だとちょっともったいない気もしますが料金の心配をせず乗れるのは安心です。こちらのスパは高級スパではないですが店内も清潔感あふれていて快適です。日本語のメニューも用意されていました。今回はパッケージに好みのプランがなかったので、夫婦2人ともボディスクラブとフェイシャルをお願いしました。

 

f:id:world-trip-lovers:20170220131653j:plain

f:id:world-trip-lovers:20170220131712j:plain

 

部屋はとてもきれいな個室で2人とも同じ部屋で施術してくれるようだったのでよかったです。まずはシャワーを浴びて体を洗ったらベッドの上のアンダーウエアに着替えるようにと案内されたので準備します。このアンダーウエアがかなり薄いので男性は少し恥ずかしいかもしれませんが、その恥ずかしささえ乗り越えれば気持ちのいいマッサージを受けられるので男性も恥ずかしがらずに是非訪れてみてください。

 

f:id:world-trip-lovers:20170220131735j:plain

f:id:world-trip-lovers:20170220131752j:plain

 

じっくり2時間マッサージを受けた後は再度シャワーでスクラブを洗い流し終了です。マッサージも丁寧でとても気持ちよかったです。帰り際にチップを渡しましたが、チップの習慣に慣れていないのでかなりドギマギしてしまいました。何度やってもチップはなかなかカッコよく渡せないものです。最後はロビーに案内され、そこにはジンジャーティーとクッキーが用意されているので、そこでまた一息。とてもリラックスできました。これだけのんびりとした時間を過ごせて1人2400THB(約8200円)とチップなので大満足です。そして外ではちょうど雨も止んだようで午後から色々楽しめそうでだいぶテンションも上がってきました。

 

f:id:world-trip-lovers:20170220131811j:plain

 

 13:50 ジャンクセイロンでランチ

雨も止んだので帰りは歩いて帰ることにします。ジャンクセイロンまで歩いて5分くらいなのでちょっと立ち寄ってランチをすることにしました。タイ料理が続いたのでお昼はジャンクセイロン内にあるwine connection というカフェバーのようなお店に行ってみることにします。

 

f:id:world-trip-lovers:20170220132231j:plain

 

お店に入ると店員さんがやってきて14時からアルコールの提供ができなくなってしまうので飲みたければ早めに注文してねと。そういえばタイは11-14時と17-24時以外はアルコールの購入ができないという規制があったのを忘れていました。急いで先にスパークリングワインだけ注文して料理はゆっくり考えることにします。

 

f:id:world-trip-lovers:20170220132305j:plain

 

ランチはワインに合いそうなマッシュルームスープ、ラザニア、フォアグラのパテを頂きました。ただタイ人好みの味付けなのか洋食は普段食べなれている味と少し変わるのでタイ料理に比べるとそんなに美味しいという感じではないように感じました。

 

f:id:world-trip-lovers:20170220132315j:plain

f:id:world-trip-lovers:20170220132328j:plain

f:id:world-trip-lovers:20170220132348j:plain

以上で1095THB(約3700円)

日本で考えれば普通の価格ですが、ここはプーケットなのでやはりタイ料理に比べると他の料理はかなり割高な感じがします。

 

15:30 トゥクトゥクカロンビーチへ移動

今回初めてトゥクトゥクに乗ってみることにします。トゥクトゥクとは軽トラをデコレーションして荷台に座席とカバーを付けたような乗り物でタイではあちこちで見かけますが今まで乗ったことなかったので初挑戦です。荷台なのでそこそこ揺れはありますが風も入ってきますし移動距離もそんなに長いわけではないので以外と乗りやすくて楽しかったです。パトンからカロンビーチへはタクシーでもトゥクトゥクでも基本的に料金は一律400THBと同じなので旅の思い出作りに一度くらいは乗ってみても面白いかもしれないです。(ただ、ジャンクセイロンでタクシーの案内をしているところは500THBだったので中には料金が変わるところもあるようなので事前に確認をした方が確実です。)

 

f:id:world-trip-lovers:20170220132549j:plain

 

パトンからカロンビーチまでは20分くらいで移動できました。だいぶ日が出てきたのでビーチでは泳いでいる人も結構見かけます。こちらのビーチはパトンビーチに比べるとアクティビティはほとんどないようです。しかもパトンビーチでは結構お酒を飲んでいる人も見かけましたがこちらのビーチではあまり見かけませんでした。パトンに比べると家族連れや純粋に海水浴を楽しみたい人が多いようです。私たちも水着は一応着ていったものの濡れた後の帰りを考えると面倒そうなので足をつけるくらいでのんびりカロンビーチを散歩を楽しむことにします。

 

f:id:world-trip-lovers:20170220132602j:plain

f:id:world-trip-lovers:20170220132613j:plain

 

ビーチは2kmくらい続いているので端から端まで歩いたらかなり疲れました。砂浜を歩くのは通常以上に足にくるものですね。しかも日差しもそんなに強くなさそうだったのに帰るころには顔が赤くなっていたのでやはり南国なんだなと感じました。

カロンビーチ側にはトゥクトゥクが少なかったので帰りはタクシーで帰ることにします。道には料金表が記載された看板があり各エリアまでの料金が記載されていました。プーケットは交通機関の料金が明瞭なので本当に過ごしやすいです。

 

f:id:world-trip-lovers:20170220132638j:plain

 

17:00 パトンビーチでもうひと遊び 

ホテルの目の前なのでついでにパトンのビーチにも寄ってみました。本日は天気がいいので今回の旅で1番人が多く集まっていました。泳いだり、アクティビティーをしたり、ビーチで飲んだりと皆思い思いに楽しんでいます。ここはホテルも近いしせっかくなのでちょっとだけ泳いでみることにします。やっと温かい日差しの中で海に入って海に来たんだなと感じられました。ちょっとでしたが泳げて楽しかった。他にも行きたいところが多くてそんなに長くはいませんでしたが今度来たときはビーチでビールを飲むのも楽しそうだなと思いました。

 

f:id:world-trip-lovers:20170220133339j:plain

 

 続きは次回にしたいと思います。

ここまでお付き合いいただきありがとうございました。

 

Let's Relaxの詳細なメニューを知りたい方は下記の写真をクリックして拡大し確認してください。

f:id:world-trip-lovers:20170220165850j:plain

プーケット旅行記6(2日目):夜のパトンエリアで飲み歩き

ピピ島ツアーからホテルに戻った私たちはシャワーを浴びて少し休憩したら、今日は夜のパトンを楽しんでみようと思い出かけてみました。

 

18:50 スカイラウンジでハッピータイムを満喫

プーケットはハッピーアワーをやっているバーが多く色々めぐるのも楽しいと書いてあったのでまずは食前酒代わりにTHE KEE HOTELへ。バングラ通りのすぐ脇にあるのにここの一角だけ高級感が漂っています。1階にあるバーも素敵でしたが今回は事前に調べておいた人気があるという最上階のバーへ行ってみます。

 

f:id:world-trip-lovers:20170217165125j:plain

 

最上階と言っても6階なのでそんなに高いわけではありませんがプーケットは高い建物が少ないので見晴らしがよく風もあって気持ちいです。バーカウンターもほのかな明かりで雰囲気があって素敵でした。 

 

f:id:world-trip-lovers:20170217165231j:plain

f:id:world-trip-lovers:20170217165247j:plain

 

ここのバーは17:30~20:30までがハッピーアワーとなっているようです。ハッピーアワー中はビールが100THB、一部のカクテルが150THBで税サ込で提供されるようです。日本でバーに行ったらこんな価格では飲めないから嬉しい。これはハマりそうです。せっかくなのでカクテルとフライドポテトを頂いてみることにしました。マンゴーが美味しいカクテルでした。ポテトもスパイシーで美味しい。料理もリーズナブルなものが多くハッピーアワーじゃなくても気軽に楽しめそうなバーでした。

 

f:id:world-trip-lovers:20170217165153j:plain

f:id:world-trip-lovers:20170217165259j:plain

f:id:world-trip-lovers:20170217175220j:plain

 

20:00 タイ料理店で夕食

夕食はガイドブックに載っていたサバイサバイへ。ホテルからすぐ近くにあるレストランでしたがちょっと細い道にあるので 中々見つけられず少し歩き回りましたが見つかってよかった。日本のガイドブックに載っているのに日本人は1組くらいで他は外人が多かったです。

 

f:id:world-trip-lovers:20170217165338j:plain

 

ここでもやはりビールに保冷カバーがついています。本日もグリーンカレー。そしてガパオを。今日はライスも忘れず注文しました(笑)こちらのグリーンカレーは辛さもあるもののかなり甘さが強くてビックリ。ガパオは安定の美味しさです。ここのタイ料理も食べやすくて日本人でも入りやすいお店でした。

 

f:id:world-trip-lovers:20170217165419j:plain

f:id:world-trip-lovers:20170217165515j:plain

以上で505THB(約1700円)

今回は少な目の夕食だったもののビールも1人1本ずつ飲んだのにこの価格とは。やはりタイ料理は安いです。お腹もいっぱいになったところで1軒飲みに行きたいと思います。

 

21:00 バングラ通りを散策

夕食後はプーケットの夜遊びの名所、バングラ通りへ。飲み屋やピンク系のお店がひしめき合っているので夜のバングラ通りはかなりの人で賑わっています。あちこちのバーでテーブルの上に乗ったミニスカートのお姉さんたちが呼び込みをしています。それでも路面に見えているお店は安心な方なんでしょうね。中が見えないお店はいくらぼったくられるかわからなくてちょっと怖いです。通りにはそういう呼び込みの人も多く値段が書いていないのでかなり怪しいですが、試しに話を聞いてみると最初は中々教えてくれませんでしたが帰ろうとすると徐々に値段を交渉してきました。それもはじめは1人500THBといっていたのが200THBまで下がったので入ろうと思っている人は事前に交渉した方がよさそうです。

 

f:id:world-trip-lovers:20170217165537j:plain

 

そんなバングラ通りですが普通にお酒を飲める店も多いので私たちはライブバーへ。バングラ通りは遅い時間からの賑わうようで21時はまだ早い時間なのかあちこちでサービスタイムを行っていました。今回入ったお店はNEW YORK LIVE MUSICというバー。ここは洋楽のROCK系のライブが生で見れてしかもノーチャージというありがたいお店。確かサービスタイムでビールが1本60THBだったので2本ずつ飲んでも1000円もしなかったです。店内でも特にチップや注文を迫られることもなくとても安心して楽しめました。

 

f:id:world-trip-lovers:20170217171151j:plain

f:id:world-trip-lovers:20170217165552j:plain

 

どこのお店も安くて大満足の一日でした。アジアは本当に安くて楽しめる所が多くて飽きないです。本当はもう少し飲み歩きたい気持ちもあるものの、まだ明日もあるので本日はここで買えるこことします。ホテルが近いのですぐ帰れるのも楽ちんです。パトンのホテルにしておいてよかったです。それにしてもプーケットにくる日本人観光客は多いイメージでしたがあまり夜のパトンでは日本人を見かけませんでした。人が多かったのもあるのかもしれませんが、夜遊びしない人が多いのでしょうか?疑問です。

 

 続きは次回にしたいと思います。

ここまでお付き合いいただきありがとうございました。

 

キーホテルのバーの詳細なメニューを知りたい方は下記の写真をクリックして拡大し確認してください。

f:id:world-trip-lovers:20170217181917j:plain f:id:world-trip-lovers:20170217181931j:plain f:id:world-trip-lovers:20170217181958j:plain