読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くろネコとしろネコの旅ブログ

飛行機と旅行好きな夫(くろネコ)と妻(しろネコ)の旅のつぶやきです。時々、飛行機やお得情報など。

プーケット旅行記5(2日目):今回の旅の一番の目的ピピ島へ

プーケット旅行2日目は今回の旅の一番の目的ピピ島観光です。ピピ島といえばディカプリオ主演の映画で一躍有名になった島ですよね。しかしピピ島観光のツアーはわりと多くみられますがほとんどがピピ・ドン島の観光ばかりで、撮影で使われたピピ・レイ島のマヤベイへ上陸するツアーはほとんどないので半分諦めていましたが今回JTBでマヤベイへ上陸するツアーを発見。現地のツアー会社(しまかぜ案内人)に直接申し込めば2、3千円くらい安くなりそうだったのですが今回は安心をとってJTBで申し込みました。

ただこのツアーは大型船ではなくスピードボートを利用するので揺れがひどく船酔いする人も続出という口コミを見たので若干の心配がありましたが、ずっと行ってみたかったところなので思い切って申し込んでみました。

 

7:30 ホテルのロビーに集合

朝から雨と風がひどくツアーが中止されないか心配しつつ集合場所のロビーへ。予定時間になってもガイドさんが来ないのでちょっと不安でしたが、特に連絡もないので待っていると20分遅れでやってきました。ツアーは普通に決行されるようです。マヤベイに行ける嬉しさ半面、波が荒くて揺れが大丈夫か不安半面ですがひとまず決行されてよかった。

 

8:30 マリーナ着

パトンビーチから約1時間。ロイヤルマリーナ内にあるVマリンのオフィス(今回船を運行する会社)に到着です。ここでまずガイドさんからツアーの説明があります。説明は英語と日本語の両方で行ってくれるので安心です。本日のツアーは日本人の参加者も1/3くらいいるようでした。店内では防水バックなども売っているので困ったらここでも購入できますし、ツアー中に飲み物を買ったりする人もいるのでお金は少し持ってきた方が安心です。今回私も雨で服が濡れないようポンチョ(40THB)を購入しました。

 

f:id:world-trip-lovers:20170209171105j:plain

f:id:world-trip-lovers:20170217163345j:plain

 

9:20 出発

いよいよスピードボートに乗り込んで出発です。通常は英語ガイドのみのようですが今回日本語が話せるガイドさんも同行してくれたので心強いです。スピードボートは先頭のオープンデッキの部分と屋根がついていつ内側の部分に座席があり船のバランスを保つため7,8人程度は前の席に座るように案内されます。先頭の席は波の影響を受けかなり揺れるので、酔いやすい人は後ろの方に座るよう案内されていました。しかしせっかくなので前の席を体験してみることにします。

 

 f:id:world-trip-lovers:20170209171025j:plain

 

先頭の席は確かに揺れや衝撃が強いです。悪天候もあって波をこえるたびに地面に叩きつけられるような衝撃があります。しかも、雨も降っているのとボートのスピードが合わさって顔に打ち付けられる雨水がかなり痛かったです。最初はこれも一つの思い出だと楽しむ余裕がありましたが、だんだん髪や足が濡れて体もかなり冷えてしんどくなってきました。

ただ、天気さえよければ個人的には耐えられないほどの揺れではないかなという感じでしたが、腰痛持ちの方や運動不足の方にはもしかするときついかもしれません。

 

f:id:world-trip-lovers:20170209170901j:plain

 

10:30 バンブー島到着

まずは第1目的地のバンブー島にやってきました。天候が悪いので透明度が下がっていてちょっと残念。せっかく水中で写真がとれるようにカメラカバーまで買ったのにいい写真が取れず残念。ちなみに携帯も防水ケースに入れて写真を撮ろうと試みましたが水圧でうまくボタンが反応せず携帯では水中写真は撮れませんでした。防水ケースは持ち運び用として携帯で海の中の写真を撮るのは期待しない方がよさそうです。ここでは45分の滞在ですがビーチ以外特に何もないのでこれで十分だと思います。むしろこの時は移動で体が冷えすぎて寒くてあまりビーチを楽しむ余裕はなかったので長いくらいに感じました(笑)

 

f:id:world-trip-lovers:20170209194142j:plain

f:id:world-trip-lovers:20170209194153j:plain

 

 11:35 ピピ・ドン沖でシュノーケリング

2つ目の目的地はピピ・ドン島ですが島には上陸せずちょっとはなれた沖でボートから海に飛び込みます。水深4,5メートルくらいのところですがライフジャケットを付けているので安心してシュノーケリングを楽しめます。こちらの海のほうがバンブー島より少し魚も多くカラフルな魚が見られました。このころには雨も上がり寒さも少し和らいできてよかったです。ここでの滞在時間は20分。

 

f:id:world-trip-lovers:20170209195717j:plain

 

12:15 ピピ・ドン島でランチタイム

昼食はビーチについてすぐに目の前のホテルでいただきます。ここでの滞在は時間70分あるので結構のんびりできます。ホテルはきれいでトイレも清潔だったのでこれは嬉しかったです。ボートにも一応トイレはありますが形ばかりのトイレなので女性はここで入っておくと安心でしょう。そしてランチはバイキングでしたがパスタ・カレー・天ぷらとあり期待していなかったのですが意外と食べられるものが多かったです。しかしこの後も移動が多いので控えめにしておきました。

 

f:id:world-trip-lovers:20170209163226j:plain

f:id:world-trip-lovers:20170209163255j:plain

 

ランチ後はそのままレストランで休んでてもいいですが、ほとんどの人はビーチに戻って散歩したり、別料金ですがビーチ沿いにあるバーでビールを飲んだりしている人もいました。ただしビールを飲むとトイレも近くなるし船酔いしやすくもなるので個人的にはあまりオススメできません。

 

f:id:world-trip-lovers:20170209200430j:plain

 

13:30 モンキーケイブに立ち寄り

サルが住み着いて人の近くまで寄ってくるといモンキービーチは観光名所の1つとなっているようですが今回はビーチではなく崖の近くにちょっと立ち寄るだけです。ここでガイドさんがエサを投げるのでそれを目当てに何匹かサルがおりてきました。お客さんも何人かはエサをもらって投げていましたがエサが軽くてなかなかサルまで届かなかったですがみんな楽しそうでした。

 

f:id:world-trip-lovers:20170209163757j:plain

 

13:45 マヤベイ到着

いよいよ今回のメインイベント。ピピ・レイ島のマヤベイにやってきました。天気が良くないので海の青さがあまり際立たないですがそれでも十分きれいな景色です。それにしても観光名所なだけあって行きにくい場所にもかかわらずビーチはかなりの観光客でにぎわっていました。それでも午後に来たので午前中に来るよりは人が少ないようですが。自分もやってきておいてなんですが、海岸にはたくさんのスピードボートが停泊していてせっかくの秘境なのにちょっと情緒がなくて残念でした。

 

f:id:world-trip-lovers:20170209164359j:plain

 

マヤベイはほとんど見る所はないのですが、ビーチから少し奥に入ったところに撮影スポットがあるということでまずはそこに案内されます。通常は有料のエリアのようですが今回はツアー代金に含まれているということでそのまま通過します。ただ、別に入口に人もいなかったし個人で来ても普通に入れるのかな?

 

f:id:world-trip-lovers:20170217155811j:plain

 

そんな感じで写真撮影をしてビーチに戻ってきたら、他のツアーは結構帰っていくところが多くてビーチからは観光客やボートもだいぶいなくなっていました。私たちのツアーはこの島での滞在時間をたっぷり1時間ちょっと取ってくれていたので人が少なくなったビーチを楽しめてラッキー。これで天気がよければもう何も言うことないんですが(笑)

 

f:id:world-trip-lovers:20170209163350j:plain

 

ちなみにマヤベイは先に寄ったバンブー島やピピ・ドン島とは砂の質も全然違いました。砂が細かいので柔らかくてサラサラで上質な泥パックのような感じです。とても気持ちのいいさわりごごちでした。

 

f:id:world-trip-lovers:20170209163402j:plain

 

14:50 マヤベイ出発

なごり惜しいですがマヤベイの滞在も終わり帰路へと向かいます。帰りのボートではスイカとジュースを配ってくれました(ジュースは移動中いつでも飲めるようになっています)。私はジュースだけ頂き喉を潤します。海に入ると喉が渇きますからね。しかしやはり皆疲れが溜まっているのか帰りは船酔いする人が何人か出ていました。1人が船酔いすると伝染したりするみたいですね。船には船酔いの薬を用意してくれていますが海外の酔い止めは強いと聞くので心配な人は事前に飲んでおくか持っていた方がよさそうです。

なお、帰りの船内でガイドさんへのチップとして1人100THBが求められるのでお金は少し残しておいた方がいいです。

 

f:id:world-trip-lovers:20170209164546j:plain

f:id:world-trip-lovers:20170209164613j:plain

 

15:55 マリーナ到着

トイレに行く時間を少しとった後はそれぞれのホテルに向けて車に振り分けられホテルに帰ります。17時にはホテルに着けるので、夜も十分遊べるしとても充実したツアーでした。

また天気がいい日にもう一度リベンジしたいものです。ツアー内容はJTBで申し込んでも、しまかぜ案内人で直接申し込んでもほとんど変わらなようでしたし、だいたい雰囲気がわかったので次回は直接ツアー会社に申し込んでみたいと思います。

 

 続きは次回にしたいと思います。

ここまでお付き合いいただきありがとうございました。